Tips1:Windows 8で言語バーの表示、及びGoogle日本語入力を使用する方法。


19日に注文していたWin8搭載ハイブリッドウルトラモバイルPC「VAIO Duo 11」が28日に届きました。ノートPCは3年ほど前に壊れてからずっと購入してなかったんですが、ウルトラモバイルのサイズに惹かれて購入しようか迷っていた矢先にタブレットにもノートにもなるウルトラモバイルPCがソニーから出ると聞いてこれの発売をずーっと待っていました。

iPhoneを持っている自分としてはiPadなどタブレット端末を買う気が起きなくて、あれでブラウジングする手軽さは知っていたのですが、スペックが不満で中々その手の製品には手が出せずにいました。手軽にかつ適度な大きさのタブレットでブラウジングしたい。でもいざ作業をするときにはスペックが…そんな中すべての不満を解決してくれる製品がこの「VAIO Duo 11」だったのです。

というわけなんですけど、VAIO Duoのレビューは暇があるときに書くとして、マイクロソフトの最新OSである"Windows 8"を弄り倒しているのでそんな中気がついたことなどをこうやって記していこうかと思いました。まずはGoogle日本語入力(Google IME)に関してです。





購入して真っ先に入れたのがこいつでデスクトップでも愛用しています。最新のネット用語などにも対応して、ゲーム用語やゲームタイトルも一発で出てきてくれるのがいいですね。

1.まずはこちら↓から「Google日本語入力」をダウンロードしましょう
http://www.google.co.jp/ime/

2.案内の通りに進みインストールが完了したらタスクバーの右下部分でMS IMEとGoogle IMEが選択可能になっていると思います。ショートカットキー(窓キー+スペースキー)でも切り替え可能です。

今までと同じくこれでインストール完了なんですが、自分のVAIOだとこんなふうに↓タスクバーに入ってしまっていて切り替えだけしかできず、プロパティ画面や単語登録など設定画面が開けませんでした。しかし以下の方法で設定画面を開けるようになります。



1.Win 8ではスタートボタンがなくなっており、プログラム一覧などが開けませんが、窓キー+Xキーでシステム設定などを直接起動できる機能メニューが開けますのでそこから"コントロールパネル"選択→"時計、言語、および地域"を選択→[言語]の"入力方法の変更"を選択します。

2.[言語]パネルにて左の項目から"詳細設定"を選択します



3.[入力方式の切り替え]から"オプション"を選択



4.新たなウィンドウが開き[言語バー]項目から"デスクトップ上でフロート表示する"を選択してOK




5.設定を保存すればいつもの言語バーがデスクトップ上に現れますのでそこでいつも通りプロパティや単語登録などを行うことができます。元に戻したければ以上の手順を逆に行えばおk



この記事をシェアしてくれると管理人は喜びます


よく読まれてる記事


新着予約開始



この記事へのコメント:




新着予約開始
売れ筋ランキング
スポンサードリンク
コメント人気記事
逆アクセスランキング
★ リンク集 ★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
2位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
集計カウンター
スポンサードリンク