PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

モンスターハンター3最新情報 ※ネタバレ含みますので注意

2009
18

本当かどうかいまのとこ定かでは無いが、本物に間違いないという解析情報があるので紹介してみる。
※ネタバレ含むので見たくない方はお引き取りください   製品情報、最新PVはこちら

以下体験版に入っていた物を解析したもの(もちろん私が解析したものではありません)

「全モンスターのアイコン」
MH.png

「全モンスター紹介」

頭部に特徴的な突起のある、比較的
おとなしい性格の草食モンスター。
群れを作り、集団内で子育ても行う。
肉は美味で栄養価も高く、昔から労働
力としても人間と深く関わってきた。
また、大型モンスターが近付くと、
警戒する様子が確認されている。

温和な性格で知られる小型の草食獣。
その角は、万病を治す薬の原料として
知られている。最近の調査で、角には
特殊な成分が含まれており、価値ある
角を入手するには生きたままの状態が
望ましいという事が判明した。故に
入手するには気絶させる必要がある。

水中に生息し、水草や苔などを主食と
するおとなしい草食竜。
しばしば水面にまであがってきて、
日光浴を楽しむ様子が見られる。
また、大変臆病な性格で、身の危険を
感じるとパニック状態になり、無茶苦
茶に泳ぎ回る。

群れで生活する草食獣。寒さに耐える
長い毛で全身を厚く覆われている。
性格は温厚だが、子供を守る際には
巨大な牙を使い、勇敢に襲い掛かって
くることでも知られている。
また、その肉は大変栄養価が高く、
特に舌は珍味とされる。

あらゆる気候に生息する“飛甲虫”。
麻痺性の毒を持ちテリトリーに入って
くる者を襲ってくる。死体に卵を産み
つけ繁殖する事でも知られ、耐性を
下げる特殊な体液で腐食を促進させ
るようだ。また、光に集まる習性
があるため火をみると近寄ってくる。

様々な場所に広く生息する“甲虫”。
実やキノコ、ハチミツなどを体内に
取り込み、巣まで運んでいくという
習性を持つ。そのため、腹部が膨らん
でいる個体からは有益な素材が採取
できる。また、摂取している素材に
よって腹部の色が変化するようだ。

ネコに似た姿を持つ獣人族。白毛が
特徴。普段はおとなしいが攻撃される
と逆上し、誰かれ構わず襲いかかる。
好奇心が旺盛で、人語を解し人間社会
に溶け込もうとする者もいるようだ。
また、マタタビが好きで、その匂いを
察知するとどこまでも追いかける。

肉食魚(サメ型、ナマズ型)、回遊魚
(カツオ型、アロワナ型)、遊泳魚
(マンボウ型、クラゲ型)などが含ま
れる。攻撃を仕掛けると逃がして
しまうことが多く、魚類から素材を
入手する場合は漁獲モリを使用する
のが一般的。

飛竜の幼生。非常に繁殖力が強く
暗所であれば気候に左右される事なく
棲みつくことができる。しかし熱と
光に弱く、たいまつで照らされると
逃げようとする。また、他の生物に
張り付き血を吸うことで、体内に毒素
を生成することも確認されている。

肉食性の鳥竜種。強い社会性を持ち、
大規模な群れを作って生活する。
若いオスは集団で、体格差が数倍も
あるような大物を狩る。また最新の
調査では、群れのリーダーの指示に
従って行動するとも考えられている。
攻撃的だが、火を怖がる習性も持つ。

集団行動を取る鳥竜ジャギィのメス。
原則として巣の近隣で活動し、巣の
防衛や子育てを担う。
成熟したオスと比較すれば小柄だが、
集団内に無数にいる若いオスよりは
大きく、肉体も強靭であるとされる。
オス同様、リーダーの指示に従う。

群れで狩りを行う高い知能を持った
鳥竜種の肉食モンスター。青白い鱗と
鋭い目つきが特徴的。集団で獲物を
追い込み、特殊な体液で昏睡させて
狩りを行う。大の大人でも数秒で昏睡
してしまう体液はハンター達の大きな
脅威として知られている。

雌の水棲モンスター。ルドロスは大型
の雄を中心に完全なハーレムを作る。
雄が繁殖のために作ったなわばりに、
多数のルドロスが集まってくるので
ある。なわばりを侵す外敵に対しては
非常に攻撃的になるので注意が必要。
別名“水生獣”。

火山に棲む海竜種の幼体。腐肉食で
知られ、大型モンスターの食い散ら
かしに群がる。稀に自分でも狩りも
行い、その際は地中から地上の獲物
を突き刺すように急襲する。
近づく者には非常に攻撃的になること
でも知られる。別名“溶岩獣”。

砂漠地帯に生息する肉食モンスター。
常に5~6匹の群れで行動する。大型
のモンスターが狩りをする場に居合わ
せるとその獲物を取り囲むように泳ぎ
だし、獲物を追い詰め、おこぼれに
あずかろうとする。仲間が傷つくと
その場から逃げようとすることも。

大変縄張り意識の強い草食竜。視力が
弱く遠くのものは認識できないが、
近づくものがあれば優れた聴覚で気配
を察知し、どこまでも執拗に追い回
す。また、走り出したら容易に止まる
ことができないのか、岩などに衝突
する姿がしばしば目撃されている。

ジャギィの群れを統率するリーダー。
通常、オスはある程度まで成長すると
群れを離れ、単独で生活する。その後
再び群れへ戻り競争を勝ち抜いたごく
一部のオスのみが、この座に着く。
群れへの統率力は高く、鳴き声で
複雑な命令を下していると言われる。

ジャギィと同じ鳥竜種に分類される
肉食モンスター。凍土になじむ青白
い皮膚の色と、大きく隆起した頭部の
突起が特徴。その狡猾な頭脳でバギィ
の群れを統率する。狩りをする際には
集団で獲物を追い込み、特殊な体液で
昏睡させて仕留める。

別名“土砂竜”。暑さから身を守る
ためか、普段は泥の中に潜んでいる事
が多い。泥をまとう行動も避暑のため
だという説が有力。まとった泥は攻撃
にも使われるため要注意。また、泥沼
を荒されることを嫌い、荒らす者には
猪突猛進の勢いで襲い掛かってくる。

獣竜種のモンスター。頑強な顎で岩盤
を細かく砕き、主食である鉱石を摂取
する。また、溶岩を巧みに使い岩石や
鉱石を体表面に付着させており、彼の
ばらまく岩石は、自らが引き起こす
振動で大爆発を起こす。稀に希少な
鉱石を落とす事も。別名“爆鎚竜”。

独特な色彩を持った、中型の鳥竜種。
胸元と頭部に備わる発声器官を使い、
様々なモンスターの鳴きマネを行うこ
とで有名。危険を感じると、飛竜など
の声色をマネて呼び、隙を見て逃げよ
うとする。可燃性の液体を吐きつけて
くるので注意が必要。別名“彩鳥”。

陸の女王の異名を持つ“雌火竜”。
地上を中心とした狩りを行うため、
大地を駆ける優れた脚力と、獲物を
仕留める猛毒を含んだ尾を持つ。
つがいで狩りをする様子も目撃されて
おり、その際にはお互いに連携を取る
かのような行動を見せるという。

天空の王者と呼称され、畏れられる
飛竜。雌火竜と共に巣を中心とした広
いテリトリーを形成し、空から監視す
る。テリトリーに侵入した者には優れ
た飛行能力で上空から急降下し、毒を
含む強力な爪で襲い掛かってくる。火
を吐くことから“火竜”と呼ばれる。

砂漠の暴君として恐れられる飛竜。
非常に縄張り意識が強く縄張りに侵入
した者には異常なまでの攻撃性を見せ
る。また、砂の中を潜行することが
多いためか聴覚が非常に発達して
おり、音に対しては敏感に反応する。
主食はサボテン。別名“角竜”。

凍土に生息する飛竜。生物の少ない
凍土に生息しているためか、毒で獲物
を弱らせ氷漬けにし、洞窟に保存する
という習性を持つ。暗闇を好むため、
目が退化しており、温度で獲物を感知
すると言われている。繁殖力は非常に
強く至る所に無数の卵を産みつける。

永久凍土の世界に君臨する迅速の
飛竜。巨大な牙と鋭い棘が特徴。翼や
尻尾に生えたスパイク状の鱗を巧みに
使い、滑りやすい氷の上を自由自在に
駆け回る。その能力がある限り、彼の
動きについて行くのは非常に困難で
あろう。別名“氷牙竜”。

別名“水獣”。首にあるスポンジ状の
鱗に大量の水分を含ませることで表皮
の乾燥を防ぎ、陸上での活動を助けて
いる。だが、スポンジが萎縮し始める
とその能力を失うため、水中へ移動し
回復を図る。また、特殊な粘液を吐き
だし獲物の足元をすくって捕える。

優れた擬態能力を持つ魚竜。泳ぎが得
意ではないため、浅瀬や水底に擬態し
顎に生えた水草状のヒゲで獲物を誘い
込んで一気に丸飲みにしてしまう。
エピオスをひと飲みにしたという情報
もある。強力な神経毒を持つことでも
知られている。別名“灯魚竜”。

広い海の食物連鎖の頂点に立ち、種を
代表して“海竜”と呼ばれる。海原の
主として多くの船乗りに恐れられてい
る存在。外皮で発生させた電気を背部
の器官に蓄え、海が沸くほどの大電流
を放つ。放電などの疲労を癒すため
陸上で休息する姿も確認されている。

別名“炎戈竜”。硬い嘴と強靭な筋力
を使って岩盤を突き破り、地中から地
上、さらには天井までをも縦横無尽に
行き交う。全身にまとう硬化した溶岩
は非常に硬いが、自らの吐き出すマグ
マや地中に潜った際の熱によって赤く
変化し、柔らかくなるようだ。

遥か昔の伝承にも登場し“深海に棲む
光る巨人”とも“大海龍”とも伝えら
れている伝説の古龍。伝説ゆえ近年
までその存在が疑われていた。
モガの村を襲う地震は片方の角が異常
発達し、気が立った彼が地盤に角を打
ち付けていた事が原因だったようだ。

別名“恐暴竜”。特定のテリトリーを
持たず、餌を求めて常にさまよい歩い
ている。非常に狂暴で、怒りの際には
筋肉が大きく隆起し、古傷が浮かび上
がる。また、高い体温を保つため常に
捕食し続ける必要があり、周辺の生物
を絶滅に追い込むこともあるという。

“峯山龍”と呼ばれる巨大な古龍。背
中から希少な鉱石が採掘できることか
ら豊穣の象徴とされる。砂と共に無数
の有機物を飲み込みながら泳ぐため、
周囲にはおこぼれを狙うデルクスが群
がっている。そのため、漁師たちはデ
ルクスの群れを元に峯山龍を目指す。

その姿は稲妻の様とも闇の様とも噂さ
れ“煌黒龍”と伝えられる古龍。
全身を鋭い逆鱗で覆われており
触れる者全てを無慈悲に引き裂く。
また、自らに宿す属性が非常に不安定
なため周囲の天候をも急変させてしま
うという。まさに“天災”。


Share


Recommend


New Entry

『キングダムハーツIII』ファイナルトレーラー公開!!!
不正競争防止法の改正でセーブデータ改造ツールや代行、シリアルコードの転売やインターネット上に掲載するのも違法化。違反すると5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金
『モンスターハンターワールド』ウィッチャー3コラボ日本語ボイス版PVが公開
ヴァニラウェアの新作『十三機兵防衛圏』がついに再始動。プロローグ版なるものが韓国レーティングを通過
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』武器デザインコンテスト再び!ハンター武器、オトモ武器・防具のデザインを募集開始!
PS4『Marvel's Spider-Man』DLC第3弾「白銀の系譜」配信日が12月21日に決定!映画「スパイダーバース」とのコラボスーツも登場

0 Comments

Add your comment