PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

【PS4小ワザ】PS4×PSVita リモートプレイ、ラグが出て安定しない人はこれを試してみよう!すごく快適になるぞ!

2014
27

すげえええええええ
いつでもどこでもPS4のゲームが楽しめるリモートプレイ機能。自分も「KNACK(ナック)」で試してみたのですが、ストーリーモードではラグなども感じず、非常に快適だったのですが、タイムトライアルモードで使用するとなぜかラグが起こりまくってまともにプレイできませんでした。

そんなラグが起こる現象を解決する方法が発見されましたよ!
詳細は以下より

1.まず、PSVitaの[設定]を開きます
2.[システム]→[自動スタート設定]を選択
※自動スタートとは自動で開始するアプリケーションや機能を設定します。
システムソフトウェアの自動DLやLiveAreaの更新、PSNのオンライン状況の更新、メッセージやnearなどがあります。

3.[自動スタート設定]のチェック項目を全部外し、機能をオフにする。

2014-02-26-224507

以上です。
自動スタート設定がオンの状態だと、どうやらPSVitaが通信を行なっているようで、それがリモートプレイと干渉しているっぽいんですよね。そこでオフにしたところ、PS4のリモートプレイがすごく快適になりました。ぜひ試してみてください!



リモートプレイとは?
PS4のゲームをPS Vitaでプレイすることができるリモートプレイ機能。リモートプレイは、家のリビング以外の場所や外出先など、場所を選ぶことなくPS4で遊ぶことを可能にします。

PS4ではほぼすべてのゲームがリモートプレイに対応。PS Vitaアプリの“PS4リンク”から簡単に接続できるなど、設定自体もシンプルに行えます。PS Vitaで、いつでもどこでも好きな場所で、PS4ゲームをお楽しみください。

※PS Vita TVでのリモートプレイは、後日ソフトウェアのアップデートで対応いたします。

リモートプレイの推奨環境
・PS4…家庭内ネットワークにイーサネットケーブルでLAN接続
・PS Vita、PS Vita TV…PS4と同一のWi-Fiネットワークに接続(※3G回線は利用できません)

※PS4™と異なる外出先等のネットワークからPS Vitaのリモートプレイでゲームを遊ぶには、安定したWi-Fi接続およびブロードバンドインターネット接続環境が必要です。また、外出先等のPS Vitaが家庭内ネットワーク上のPS4™に接続できるよう、家庭内ネットワークの設定が必要となります。


家庭内でリモートプレイをする
本機とPS4™をWi-Fiで直接接続するか、アクセスポイント経由で接続します。アクセスポイント経由で接続するときは、本機とPS4™を同じネットワーク内で接続する必要があります。

はじめて使うときの準備

はじめて(PS4リンク)を使うときは、本機とPS4™を機器登録(ペアリング)する必要があります。詳しくは、「機器を登録する」をご覧ください。

リモートプレイをする

リモートプレイは、本機がPS4™またはアクセスポイントの電波を受信できる範囲内で使えます。PS4™またはアクセスポイントの電波を受信できる範囲に移動してから本機を操作してください。

1.PS4™の電源を入れる。
2.本機で、(PS4リンク)>[はじめる]>[リモートプレイ]を選ぶ。
はじめて(PS4リンク)を使うときは、機器登録(ペアリング)の画面が表示されます。その場合は機器登録してください。詳しくは、「機器を登録する」をご覧ください。接続に成功すると、本機にPS4™の画面が表示されます。

・PS4™で機能画面の(設定)>[PS Vita接続設定]>[リモートプレイを有効にする]にチェックを付けておく必要があります。
・PS4™のリモート起動を有効にすると、PS4™がスタンバイモードの状態からリモートプレイできます。

PS4™で機能画面の(設定)>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]で[インターネットに接続する]および[ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]のチェックボックスにチェックを付けてください。


外出先からリモートプレイをする
外出先から、自宅のPS4™にインターネット経由で接続します。自宅から離れた場所でリモートプレイができます。

はじめて使うときの準備

はじめて(PS4リンク)を使うときは、本機とPS4™を機器登録(ペアリング)する必要があります。外出先では機器登録できません。詳しくは、「機器を登録する」をご覧ください。

リモートプレイをする

外出先からインターネット経由でリモートプレイをするときは、あらかじめ次のことをする必要があります。公衆無線LANサービスなどのアクセスポイントを利用する場合は、アクセスポイントにPS Vitaを接続できるようにしておく

1.PS4™の電源を入れておく
2.PS4™で、機能画面の(設定)>[PSNSM]>[いつも使うPS4として登録する]で[登録する]を選んでおく
本機で、(PS4リンク)>[はじめる]>[リモートプレイ]を選びます。接続に成功すると、本機にPS4™の画面が表示されます。

・PS4™で、機能画面の(設定)>[PS Vita接続設定]>[リモートプレイを有効にする]にチェックを付けておく必要があります。
・PS4™のリモート起動を有効にすると、PS4™がスタンバイモードの状態からリモートプレイできます。

PS4™で機能画面の(設定)>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]で[インターネットに接続する]および[ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]のチェックボックスにチェックを付けてください。ネットワーク環境によっては、リモートプレイの接続が不安定になる場合があります。


インターネット経由でのリモートプレイ接続について
お使いのネットワーク機器によっては、インターネット経由でリモートプレイが成功しないことがあります。そのときは、次の情報を参考にしてください。

・PS4™で機能画面から(設定)>[ネットワーク]>[インターネット接続を診断する]を選び、インターネットおよびPSNSMに接続できることを確認してください。

・お使いのルーターがUPnPに対応しているときは、ルーターのUPnP機能を有効に設定してください。UPnPに対応していないルーターをお使いのときは、ルーターのポートフォワーディングを設定して、インターネットからPS4™への通信を許可する必要があります。リモートプレイで使用されるポート番号は、TCP:9295, UDP:9296, 9297です。これらのポートが使えない場合は、TCP/UDP:9295~9304のポートを使用する場合があります。設定方法については、ルーターの取扱説明書をご覧ください。

・PS4™が2台以上のルーターを経由してインターネットに接続されているときは、正しく通信できないことがあります。

ルーターとは、1つのインターネット回線を複数の機器で共有するための装置です。
ルーターやインターネットサービスプロバイダーの提供するセキュリティー機能によって通信が制限される場合もあります。お使いのネットワーク機器の取扱説明書や、インターネットサービスプロバイダーの資料もあわせてご覧ください。
ポートフォワーディングとは、特定のポート(入口)に入ってきた信号を、指定した別のポート(出口)に通す機能です。[ポートマッピング]、[アドレス変換]などと呼ばれることもあります。





Recommend


4 Comments

名無しさん  

全てのチェックを外す必要はない、という報告も見ましたが、通信を行う頻度とタイミングの問題なんでしょうね。
リモートプレイ中は自動的に「自動スタートをオフにする」などの機能が追加されればいいのにな。

2014/02/26 (Wed) 23:39 |   

    

参考になりました。

2014/02/27 (Thu) 00:50 |   

名無しさん  

同じ設定でやってみたけどどうもフレームレートが半分位になってるような・・・
あんま意味無いなこれ。

2014/11/11 (Tue) 11:04 |   

名無しさん  

やってみたけどあんまり変わらなかった。

2017/09/03 (Sun) 19:24 |   

Add your comment