ソニー、FCC通過の新型PS3/新型PS4/新型デュアルショック4で無線モジュールを変更。何が起こっているんです?

いったい何が



先日も新型PS4がFCCを通過したことをお知らせしましたが(過去記事参照)、新たに新型PS3「CECH-4300」シリーズ、そしてPS4用コントローラー「デュアルショック4」がFCCを通過したことが判明しました。その中で気になるのがやはりPS4同様にサイズや重量、CPUクロック、消費電力などには変更がないマイナーチェンジバージョンであるということです。

これらの共通点はいずれも「無線LANモジュール」や「Bluetooth」に関するアンテナ部分の変更がなされています。全ての据置機で無線関係の部品が変更されているのはなぜなのか…。謎が深まるばかりですが、全範囲においての変更点は不明点も多く、PS3に関しては値下げが検討されている可能性も?E3での発表に期待したいところです。

新型PS3「CECH-4300」シリーズのスペックシート

NewPS3.jpg

この記事をシェアしてくれると管理人は喜びます


よく読まれてる記事


新着予約開始



この記事へのコメント:




新着予約開始
売れ筋ランキング
スポンサードリンク
コメント人気記事
逆アクセスランキング
★ リンク集 ★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
2位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
集計カウンター
スポンサードリンク