PS4版『アサシンクリード Parity(ユニティ)』他機種に合わせて900pにしたのにフレームレートもヤバイらしい

スルー



米国で発売となった新世代機(PS4/XboxOne)専用タイトル『アサシンクリード ユニティ』。

発売前には"Parity"で炎上する騒動になりましたが、他機種に合わせて900p(1600×900)30fpsにしたのにフレームレートは安定せず、30fpsを下回ることが多々あるらしい。購入したユーザーからは批判的な動画などが投稿されており、投稿主は「このゲームを買おうと考えている人に警告したい」とYouTubeにアップロードしています。



これはあくまで一部だと思いますが…。

アサクリ4の時はDay Oneパッチが配信され、PS4版は1080p30fpsで動作するようになりましたので本作もそういったパッチが今後配信される可能性も無きにしもあらず…。まぁでも自分はスルーだなぁ

ソース:Now Gamer

アサシン クリード ユニティ初回限定特典同梱&数量限定特典付
ユービーアイ ソフト (2014-11-20)
売り上げランキング: 12


この記事をシェアしてくれると管理人は喜びます


よく読まれてる記事


新着予約開始



この記事へのコメント:


    1. 名無しさん :2014/11/12(水) 06:44:19

      すまんが今回はスルーします



    2. b :2014/11/12(水) 10:25:30

      つべの読み込み止まったのかと思ったら、普通に再生されてた・・・
      ひでーな




    3. 名無しさん :2014/11/12(水) 15:07:13

      他機種に合わせたっていうか、性能に見合ってないフィールドやモブの数だったんじゃね。





新着予約開始
売れ筋ランキング
スポンサードリンク
コメント人気記事
逆アクセスランキング
★ リンク集 ★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
2位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
集計カウンター
スポンサードリンク