PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

話題のTV 『3D VIERA』を見てきました

2010
29


3D VIERA

今話題となっている究極の臨場感を体験出来る3DTV、真っ先に登場したのは Panasonic の「3D VIERA」今回、この最先端のTVを実際に視聴してきたのでその感想でも書きたいと思います。
この3D VIERAですが3Dにするために右目/左目用の映像を素早く切り替えて表示する"フレームシーケンシャル方式"という3D表示技術を利用しています。いま発表されている3DTVはほとんどがこの表示方法ですね。3D VIERAはプラズマTVなのだけあって広い視野角、応答速度の速さ、高コントラストというプラズマの長所も十分に活かされています。しかし3D視聴には当然、専用のメガネが必要になってくるわけですが、3D VIERA付属のメガネは偏光フィルターを搭載しており若干ですが、暗くなってしまうのが残念なところ。ただでさえプラズマなので映像の明るさでは液晶に劣る部分があるので、ちょっともったいないですな。明るい部屋での視聴には不向きと言った印象

長所としては視野角が広いので複数人での視聴には最適! 快適な3Dを堪能することが出来ます。逆に SONY の 3D BRAVIAというか液晶は照明の明るい環境下でも快適な3Dを体験出来ますが、視野角が狭いため、複数人での視聴には不向き。正面からでないと3D感が感じられないかもしれないです。なので寝転がって見ると言う場合などにも液晶は不向き。どちらも長所もあり、短所もあり、と言った感じですね。

3Dに関してですが、正直言ってイェル的にはかなり好み。映画「アバター」の3D版を視聴した方ならわかると思いますが全く同じ…あのままの感動、興奮が家庭で体験出来ます。自分が視聴したのはモータースポーツだったのですが、人物はホントにその場に居るような存在感。はっきりと3Dで見れました。ですが、3D="飛び出す"と思ってる方はちょっと勘違いしているかもしれない。実際にはカメラの撮り方などで変わってきますが飛び出すというより、奥行きがでて立体感がますという方が強いので、ディズニーシーにある「ジーニーのランプシアター」のような感覚とは違うので期待しすぎるとガッカリするかも

サッカーなどは、よくゴールシーンをキーパーの背後から撮影された映像が流れますが、ああいうのは迫力が凄いと思いますね、まさに飛び出して見えると思います。観戦に関してもスタジアムに趣くより臨場感を味わえるんじゃないかな。さっきも言ったとおり人物は立体感が凄く出るので、自分がまるでその場に居る感覚に…w

まだまだ始まったばかりで発展途上な3DTVですが、今年中には、Panasonic、Sony以外にも東芝の REGZA や、シャープの AQUOS など3DTV市場に展開してくるとのことですし、これからに期待したいですな。

■ 関連サイトリンク
3D VIERA VT2シリーズ 商品紹介サイト



Recommend


3 Comments

名無しさん  

K2

3Dメガネの方式はすべて統一してほしいですよね

そうすれば、各家庭で別メーカーの3DTVがあっても家からもってきたらみれるって感じになれば、そろえる本数も少なくなるし

あと映画館もいま何種類かありますがすべてTVと同じ方式にしたら
サングラスみたいに自分で気に入ったメガネで視聴とか楽しみも増えると思うんですが無理なのかな。。

2010/04/29 (Thu) 10:18 |   

格闘凡人  

なるほど。3Dといえば飛び出すというイメージがありましたが奥行き感が増すのですね。
VIERAはプラズマしかないのが少し残念なところ。

是非購入して感想を(ぇ

2010/04/29 (Thu) 18:55 |   

イェルネフェルト  

> K2さん
確かにそのとおりですね。
映画館にMyメガネ持って行けたら格好良すぎる

> 格闘凡人さん
ですね、奥行きがでて立体感が出ます
そうなんですよね~デザインも好きだからちょっと残念

でも3DTV今年に買うかもです
その時はレポしますね

2010/04/30 (Fri) 00:44 |   

Add your comment