PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

SIEハウス社長インタビューが公開。高性能版の「PS4Neo」は新しいオプション。ちょっとだけ画質が上がり、フレームレートが向上もしくは安定する範囲のもの

2016
16

スコルピオ以下は確定か
AVwatchにて西田氏のハウス社長インタビューが公開されています。その中でハイエンド版PS4「PS4Neo」の話題に触れていたので箇条書きまとめでも。

・ 3月のGDCで内密にPS4Neoの解説をしたがデベロッパーからかなり詳しく情報が漏れた。それはイギリスの学校で14歳の学生から質問されるほどにまで。
・ ここまで期待があるならがっかりしないように存在を認めた上で「でもE3での発表はしない」と判断した
・ 正式発表しないのはこれまでと同じで、良い体験といい作品が揃った段階で発表したいという意図
・ モバイルでは技術進化のペースが速く、ユーザーもそれに慣れてきている。なのでCSでもと。
・ モバイルほどの極端な変化「1年で進化する」ようなことはありえない。安定的なプラットフォームで開発できる環境は捨てないで少しの技術進化でユーザーへのメリットを提示する
・ PS4Neoは「新しいオプション」コアユーザーや4Kテレビを購入してコンテンツを探している方を対象にしている
・ 明確にしておきたいのはゲームの機能やPS4プレイヤーのコミュニティが崩れる、別れてしまうことは全くありません「違うもの」ではないので
・ PS4Neoが出てもPS4の開発環境や体制は変わらない
・ PS4Neoでのゲーム体験はちょっとだけ画質が上がって、フレームレートも向上する。もしくは安定するという範囲
・ オンラインマルチプレイでアドバンテージがあったりディスアドバンテージや追加機能といったものはない
・ CSのライフサイクルが3年を過ぎるとハイエンドユーザーの一部はPCに移行するというデータがある。そういったユーザーをCSに留めておきたいというのがPS4Neoを出すもう一つの理由
・ PS4NeoはVRのために開発したのではない。その誤解は解いておきたい
・ VRは現行のPS4向けに開発したので、(現行のPS4でも)十分快適で良い体験ができます
・ PS4とPS4Neoにゲームを最適化する負荷については問題ないと思ってる。デベロッパーから「難しい」という声は聞いたことがない
・ これから出てくるタイトルに関しては両方のハードウェアに最適化された物が出てくる
・ 現行のPS4とPS4Neoは少しだがしっかりと価格差ができる。ハイエンドの価値観が反映された価格設定にしたい

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/1005343.html


現時点での情報を比べると4K60fpsに対応と謳い、最低でも12GBのメモリを搭載するMSの「Project Scorpio」に性能では劣る仕様っぽい。ただスコルピオが2017年末に出るのに対し、ハウス社長も別メディアのインタビューで「MSがスコルピオをこのタイミング(1年半も先)で発表したのは非常に驚いている」ともコメントしていたのでPS4Neoはもっと早くに発売されるのでしょうね。デベロッパーからもかなり詳細に情報が漏れたとしていることからも、PS4Neoが4.1テラフロップの性能というのは間違っていないかもしれない。

一緒に読む
MS、高性能Xbox『Project Scorpio』発表。8コアCPUと6テラフロップのパワフルなGPU搭載して4Kゲーミングに対応。発売は2017年秋




Recommend


3 Comments

名無しさん  

XBOXONES的な物なら納得だけど
スコーピオと張り合うハードだと苦しいな
Sは8月に発売だからNEOも同時期に発売してくれれば

2016/06/16 (Thu) 15:41 |   

名無しさん  

↑なんで張り合わなきゃいけないの?、あそこまで高スペックが必要なPCゲーすらないというのに
それに、MSはONEを切れんよ、Scorpio発売しても、発売するころには3500万台はいくんだから

2016/06/16 (Thu) 16:36 |   

名無しさん  

PS4は性能差が大きくない分普及台数を考えても初期型を切るという必要性は低いだろうが、
ONEの場合は性能差があり過ぎる所為で
普及台数などによっては結果的にどちらかを切る羽目になりそうな気がする

というような事を考える輩が多少なりともいて、
購入を様子見された挙句結局ONEが失敗に終わるというオチかなぁ

2016/06/16 (Thu) 20:20 |   

Add your comment