ソニー、E3に出展しているデモは全て「スタンダードPS4」で動作していることを明かす。PS4Neoではない

まぁそりゃそうだよね



ソニーインタラクティブエンターテインメントワールドワイドスタジオの吉田修平氏はE3に出展しているPS4タイトルのデモは全て「スタンダードPS4(現行のPS4)」で動作していることを明かした。

ファンの間では「PS4Neo」を使ったデモがあるのではないか?という懸念が起きていたが、Twitterで質問された時、吉田修平氏はE3で出展されていたデモは全て「スタンダードPS4」で動作しているとリプライを送っている。


また、同時にこの話題は『グランツーリスモ SPORT』が現行のPS4で1080p60fpsで動作することを確定づけている

おそらくこの懸念が生まれたのは「XboxOneS」が発表されたと同時にE3会場のデモで使われていたデモ機が新型の「XboxOneS」であったことから起きたものと思われる。ハイエンド版となる「PS4Neo」は存在が認められたものの、まだマシンスペックは明確にはなっていない。

一緒に読む
SIEハウス社長インタビューが公開。高性能版の「PS4Neo」は新しいオプション。ちょっとだけ画質が上がり、フレームレートが向上もしくは安定する範囲のもの



この記事をシェアしてくれると管理人は喜びます


よく読まれてる記事


新着予約開始



この記事へのコメント:




新着予約開始
売れ筋ランキング
スポンサードリンク
コメント人気記事
逆アクセスランキング
★ リンク集 ★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
2位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
集計カウンター
スポンサードリンク