PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

【朗報】ソニー、「PS4 Pro」はSATA3.0(6Gbps)に対応と発表。SSD接続によるロード高速化に期待できるね!

2016
13

これは朗報
PS4ProはSATA3.0に対応すると公式発表がされました。以前の伊藤氏インタビューではProもSATA2.0という情報だったのでこれはかなりの朗報。SSD接続によるロード高速化などに期待が持てるようになりました。以下発表記事

PlayStation 4 ProのSerial ATAインタフェースは「Revision 3.0」(6Gbps)対応に――SIEが予告


 「PlayStation VR」発売日という,PlayStationプラットフォームにとって重要な一里塚となるこの日に,ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下,SIE)から1つ,重要な情報がもたらされた。それは,2016年11月10日に発売予定の「PlayStation 4 Pro」(型番:CUH-7000シリーズ,以下 PS4 Pro)が,Serial ATA Revision 3.0(≒Serial ATA 6Gbps)をサポートするというものだ。

 4Gamerでは先に,SIEのEVP 兼 PSプロダクト事業部 事業部長 兼 ソフトウェア設計部門 部門長である伊藤雅康氏のインタビューをお届けしている。そこで氏はPS4 ProのSerial ATA(以下,SATA)インタフェースがRevision 2.0(≒SATA 3Gbps)で,従来のPlayStation 4と変わっていないと語っているのだが,その点について,以下のとおり,SIEから訂正が入ったのである。

PlayStation 4は当初,USB 3.0-SATAブリッジを経由して,2.5インチHDDと接続する仕様になっていた(関連記事)。その後,第3世代モデルであるCUH-1200シリーズでカスタムLSIにSerial ATAコントローラを統合するものの(関連記事),接続インタフェース自体はSATA Revision 2.xベースのままで,それは最新世代の小型版であるCUH-2000シリーズでも変わらなかったという歴史がある(関連記事)。

 そんなPlayStation 4のストレージ仕様が,PS4 ProでSATA Revision 3.0(≒SATA 6Gbps)へ切り替わるというのは,PCにおけるサウスブリッジ的な機能を持つカスタムLSIが,PS4 Proで刷新になると事実上予告されたことに等しいわけで,これは大きなニュースだ。

 また,ユーザーレベルにおける直接的なメリットとして,PS4 Proでストレージ性能の向上を期待できるというのも大きなポイントである。今回の情報は,PS4 Proの購入を検討している人にとって,背中を押してくれる要素の追加になるのではなかろうか。

http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20161013003/


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-11-10)
売り上げランキング: 136



Recommend


0 Comments

Add your comment