任天堂、3DSの後継機も検討。君島社長「スイッチとは形状や重さ、価格が違い、すみ分けができる」

いや競合すると思います・・・



3DS後継機も検討 任天堂、どうぶつの森は4月以降配信へ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000031-kyt-bus_all

任天堂の君島達己社長は1日、携帯型ゲーム機事業について、「保護者が最初に子どもに触らせるゲーム機としてニーズがある」と述べ、現在販売中の「ニンテンドー3DS」の後継機も検討中であることを明かした。同日、東京都内で開いた経営方針説明会で考えを示した。

同社は3月に持ち運び可能な据え置き型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を発売予定で、同説明会では出席したアナリストから「利用者がスイッチを携帯型ゲーム機と意識すれば、次の機種を出す意味がなくなるのではないか」との質問があった。

君島社長は3DSについて「スイッチとは形状や重さ、価格が違い、すみ分けができる」と強調。後継機に関しても「求められるニーズやマーケットがあるので、引き続き検討している」と述べた。


ユーザー側も既に据置機ではなく高性能な携帯機と捉えてると思うし、なにより"利用者が"ってよりもソフト開発側が「据置機」として思って無さそうなんだよね。だからやっぱり3DSに出てたような人気ソフト群が「クオリティアップし続編はスイッチで」みたいなことにはならないだろうし、携帯機を続けるならそれはやっぱり競合しちゃうと思う(主にソフト面で)

アマゾンのゲームランキングを見てもやっぱり任天堂ソフトばかりが上位だし、サードパーティ勢のソフトは3桁位。ユーザーも任天堂のソフトには興味あるけどって人が多いので、サードパーティ勢のソフト不足はスイッチでも続くと見る。ハイエンド向けタイトルは移植されないだろうし、中途半端な位置にいるSwitchは色々と厳しいと思うなぁ

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 10


この記事をシェアしてくれると管理人は喜びます


よく読まれてる記事


新着予約開始



この記事へのコメント:




新着予約開始
売れ筋ランキング
スポンサードリンク
コメント人気記事
逆アクセスランキング
★ リンク集 ★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
2位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
集計カウンター
スポンサードリンク