『スプラトゥーン2』解析動画公開。ドックモードで864p~1080pの可変解像度、フレームレートは60fps維持

スプラ2楽しみっすね



『スプラトゥーン2』のパフォーマンス解析動画がおなじみDigitalFoundryによって公開されています。

DFによれば以前1080pと報告したが日本の開発者インタビューだったため翻訳に語弊があった。正確には「最大1080p」であり、ドッキングプレイ時でも負荷のかかるシーンでは864pまで解像度は落ちる。カメラが上を向いているときは1080pを維持、下を向くと864pまで下がる。携帯モードでのプレイ時も同様の処理が施されており1152×648~720pで可変する。AAやテクスチャフィルタリングの多くも非実装

ただし解像度部分で負荷を下げたおかげもあり、スプラトゥーンにとって重要なフレームレートは60fpsを完璧に維持、店やキャラクターが多くいるハイカラスクエアでは30fps固定となる。




Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)


この記事をシェアしてくれると管理人は喜びます


よく読まれてる記事


新着予約開始



この記事へのコメント:




新着予約開始
売れ筋ランキング
スポンサードリンク
コメント人気記事
逆アクセスランキング
★ リンク集 ★
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソニー(プレイステーション)
2位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー+月別アーカイブ
 
ブログ内検索
集計カウンター
スポンサードリンク