PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」 ブロガー先行体験会レポート Part2

2010
03



白騎士

先日、都内某所で行われた、来週に発売されるRPG超大作「白騎士物語 -光と闇の覚醒-」のブロガー先行体験イベントにいってきました。イベントレポートPart1では、主にゲームの紹介をしましたが、今回このPart2では、ゲームプレイ・・・戦闘やバトルシステムに関して触れていきたいと思います。Part1でも言ったとおり会場は一人一台のPS3とKDL-40X5000が設置されており、大画面、大迫力の環境で白騎士2をプレイすることが出来ました。余談ですけどX5000ってBRAVIAで一番デザインが素晴らしかったと思うんだ…もう売ってないから残念だけど ■ 参加したブロガーの方達
はちま起稿
わぷわぷだいあり~♪
ゲーム好きの戯言ブログ
ゲームかな-
ほのぼのGaMeLiFe
ゲーム特盛・映画サラダ・小説一丁やっと…ブログ
鋼鉄親子でゲーム漬け!
オタク.com
yosiのゲーマー日和
パパだってゲームがしたい
情熱の記憶



Part1で言ったとおり、プレイ時間は90分とかなり長い時間プレイさせていただいたのですが、それでも全然物足りなかった。続きは製品版で楽しもうっと!

まず今回用意されていたゲームモードは以下のとおり
・前作「古の鼓動」を最初から
・「光と闇の覚醒」を最初から
・「光と闇の覚醒」を続きから(あらかじめ用意されていたセーブデータ)
└アークナイトが使用できる体験会用のセーブデータ

この他に自分のセーブデータを持参した人は引き継ぎをして光と闇の覚醒を序盤からプレイすることが出来ました。なのでまず始めに、持参した自分のセーブデータをコンバートして始める。この際にやり方がわからなかったのでスタッフに聞こうと思ったら楠田ディレクター直々に説明をしてもらった!正直なところ緊張で、内心バクバク、全身ブルブル状態w そんな自分に優しく丁寧に教えてくれました。

やっぱり最新作である光と闇の覚醒をやりたかったので古の鼓動はやらなかった。というより後でやろうと考えていたら、すっかり熱中しすぎてそんな時間もなかったというのが真実w そして早速自分のセーブデータを使ってコンバートしてみる。ここで楠田ディレクターが先日twitterでフルリメイク可能ですと語った通り、アバターチケットでも変えられなかった"性別"と"名前"が変更可能になっており、選択するとちゃんと男女の項目が出てきた。そして容姿などリセットされますがよろしいですか?と注意のメッセージ、はいを選ぶと男性から→女性、また逆も然りで最初から始めるのと同じようにキャラのフルメイクが可能となっていました。

また、コンバートでも始める際にかならず?キャラメイク画面に入るのだけれど、そのまま前作で使っていたアバターのまま始めるって人にも、ちゃんと[このまま始める]という項目があり、細かいところも親切。アバターのキャラパーツも若干増えており、具体的には声が2種類、目のタイプが1種類増えていた

コンバートして始めるにあたってスキルポイントに関しては全てではないけど、リセットされていたので好きなように振り分けることが可能となっていました。アバターは全部リセットされていたかな?開始直後、飛空挺の中からスタートして良く覚えてないけどサンドバック?w みたいな装置が設置されていてそこで何度もスキルリセットが可能なようだった。

ストーリーに触れるのはやめておきます。自分もこれは製品版で楽しみたいなと思ったので、イベントは全てスキップしてしまいました。

と言うわけで早速ゲーム開始!!

せっかくスキルもリセットされているので、早速"二刀流"を試してみることに!!二刀流のスキルを習得するために、まずスキルを出現させなきゃいけないわけだが、これかなーと思うものに振り分けていったら大当たり。メモするの忘れたので詳しくは書けないですが、~マスター系、修練系を全て習得したら二刀流スキルが出現しました。ここら辺はやればすぐにわかると思います。二刀流ですが、バトルセットアップのコマンド編集から二刀流のスキルをセット、戦闘中に選択することでACを一個消費し、二刀流になることが出来ました!あ、ちなみに二刀流のスキルは消費スキル10でした

うむ、これはカッコイイ!!

戦闘、バトルシステム

戦闘はよりスピーディーに!!
前作の戦闘は、正直なところテンポがいまいちで、そこら辺に不満の声が多かったかもしれない。しかし今作はコマンドサークルのゲージが溜まるのが速くなっており、戦闘はスピーディーに進化。攻撃モーション中にもゲージは溜まるので、それによりお馴染みの"斬る"や"踏み込み斬り"なんかの行動が終わる頃には、もう既にゲージが溜まってる感じでアクションに近い感じに!

防御はいつでも可能に!
防御に関しても、バトル中、いつでも防御が可能になっていました。R1ボタンを押すと十字キーのマークが画面上に出現。そこで○ボタンを押すことでいつでも防御が可能!また、前作でのNPCへの行動支持はR3、L3の押し込みだったけど、今作ではR1ボタンで出現する十字マーク、それぞれ縦横右左に割り振られていてR1+✚キーで選択可能でした。

弱点属性はかなり重要!
キャラの攻撃にはそれぞれ攻撃系統が[斬る]や[殴る]など、いくつかあるが、弱点属性の攻撃を与えることでダメージは大きく変化し、その差は2倍~3倍ほど。モンスターに対しての攻撃の際に、それがかなり重要になっていると思った。弱点を狙っていくことにより、戦闘はかなり楽になる。しかしそれを見極める自分の能力も必要になってくるなどそれもまた面白かったです。

それと今回プレイした際、ACを気にしすぎていたかもしれない…ほとんどがMP消費の技に変わっていてACを消費する技が減っていた。ACが溜まる速度も速くなっている?っぽく、それにより騎士に変身できる回数が増えた。少し雑魚敵と戦闘すれば、大きいモンスターが来てももう安心!


と・・・長くなってきたのでまた次回に繰り越し。

次回のPart3ではアバター騎士「アークナイト」に触れていきたいと思います。
正直いってアークナイト格好良すぎる!!自分で色、頭、胴、腕、脚、といったようにカスタマイズ出来るのが良いですね。自分オリジナルの騎士を作成…まさにこれがやりたかった!!

白騎士物語 -光と闇の覚醒- イベントレポート
ブロガー先行体験会レポート Part1 「ゲーム紹介編」
・ブロガー先行体験会レポート Part2 「アバターフルメイク、バトルシステム編」
ブロガー先行体験会レポート Part3 「アークナイト、体験会まとめ編」






Recommend


0 Comments

Add your comment