PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

HTC、2,880×1,600へと高解像度化を果たしたVR HMD上位機『Vive Pro』を発表。従来機も含めワイヤレス化を可能にする純正アダプターも披露

2018
09

CES2018にて、HTCはVRHMDの上位機『Vive Pro』と無線化ユニット『Vive Wireless Adapter』発表した。

『Vive Pro』
新型となる『Vive Pro』はディスプレイパネルを2880×1600ドット(両眼)に高解像度化。従来品に比べ78%高精細になった。ヘッドフォンも標準搭載し、ハイレゾに対応したほか、ノイズキャンセリングやアンプ機能も内蔵している。

ヘッドバンドもソニーの「PlayStation VR」のような構造を取り入れ、フレームで全体を覆い、バンドもダイヤル調整式になった。前面のカメラが2眼になっているがメーカーから詳細は語られなかったらしい。MR的な使い方もできるようになるのだろうか?

上位機の発売日や価格については近日中に発表を行うとのこと


02_20180109221952b82.jpg
03_20180109221953876.jpg

ワイヤレスアダプター「Vive Wireless Adapter」
05_201801092219553f0.jpg

新型である『Vive Pro』と従来機『HTC Vive』のどちらにも対応している純正無線化ユニットも発表された。通信方式は60GHz帯の電波を使うWiGigを採用。2018年夏に発売予定

公式サイト: HTC「Vive Pro」
ジャストコーズ3ゴールドエディション 【CEROレーティング「Z」】

ジャストコーズ3ゴールドエディション 【CEROレーティング「Z」】

  • スクウェア・エニックス
  • PlayStation 4
  • 参考価格 ¥5,184
  • 価格 ¥5,184 (2018/1/9 19:19時点)
  • Amazonで詳細を見る


 PC,VRHMD,CES2018,

Recommend


0 Comments

Add your comment