PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

「VANQUISH」 先行体験会 code:0807に行ってきました!

2010
09


vanqusih.jpg

VANQUISH 公式サイト

セガは、2010年10月21日に発売を予定しているPS3、Xbox360用新作アクションシューター「VANQUISH」の先行体験会を先日開催しました。場所は東京都港区にあるTABLOIDというイベントスペース。中に入ると受付があり、そこから狭い通路を移動し、会場へと案内されました。途中で強面のSPがいたりとVANQUISHの世界を再現しているようだった。会場内に入ると、ずらーっと試遊台が設置されており、奥には大きなスクリーンと本作の主人公が"着る"ARSと呼ばれる特殊スーツが設置されていました。このイベントはどうやらアトラクション?風にイベントが進行するみたいで参加者たちはARSのテストパイロット的な位置のよう。

IMG_0078.jpg


体験会は

1:ARSの基本操作・特殊機能の紹介

2:ARSのパフォーマンス実体験(ゲームプレイ)

3:最新トレーラー映像上映

という構成で、まずはじめに基本的な操作方法や、応用アクションが簡単に説明されました。


自分はPS3版を体験させてもらいました。


PS3版の操作方法は以下の通り(体験会の時点で)

L2:ブースト
L1:狙う/アクティブARモード発動(回避・遮断物乗り越え・ブースト時)
R2:リロード/武器の取得(スキャニング)/武器の交換(ボタン長押し)
R1:射撃

START:ポーズメニューの表示

△:グレネード投降
○:近接攻撃
×:回避
□:カバー(遮断物の前で押す)

R3:カメラ(照準)の移動
L3:キャラクターの移動

↑:メイン武器切り替え
→:メイン武器切り替え
↓:メイン武器切り替え
←:サブ武器(グレネード)切り替え

こんな感じでした。なお、オプションで操作タイプの変更も出来、2タイプが用意。実際に操作してみたところ今までに無いパターンだったので最初は操作に戸惑ったものの、10分~20分やれば普通に慣れるので難しいとも感じなかったかな・・・。

エネルギーゲージは主に、ブーストを使用したり、ARモードの発動、近接攻撃を使用することにより消費されていった。もちろん制限があるのでブーストは長く使っていられなかったり、ARモードを発動するとARモードが終わるまで消費され続ける。近接攻撃に関してはかなり強力なため、一発でエネルギーが無くなってしまった。近接攻撃の連発は避けた方がいいかもしれない

ARモードに関しては発動パターンがいくつかある。

1:ブースト中にL1を押し続けると発動
2:回避中にL1を押し続けることで発動
3:遮断物乗り越え時にL1を押し続け発動
4:瀕死状態になると自動的に発動する

という4パターンだ。VANQUISHはキャラクターの動きがとてもスピーディーで、ジャンルは違うが、カプコンのDMCのように動いてるだけでもカッコイイアクションが簡単に繰り出せる。ブースト→遮断物乗り越え→L1を押し続けてARモード発動!空中でスローモーションのなか、複数の敵を一気に一掃したりといった一連の動作を組み合わせたカッコイイアクションも可能。とにかくプレイ中のひとつひとつのアクションがすごくカッコイイ!DMCをやっている方なら動いてるだけでも・・・といった気持ちがわかると思う


体験版では、"CASUAL MODE"と"NORMAL MODE"が選択でき、はじめはNORMAL MODEをプレイ。ロシア軍の巨大ボス"アルゴス"との戦闘までプレイすることができる。初めてのプレイながらもARモードを活用し、ボスまで行くことができたが、苦戦を強いられ、2回ゲームオーバーをしてしまった。チェックポイントから再会できるので、そうそう後に戻されることは無かったのが幸い。なんとかアルゴスを倒すことができて、体験版はそこで終了。

プレイした感じ、かなりスピーディーなので周りの状況を把握しにくかったりしたが、ARモードを使用することで弾道を"見る"こともできるので回避やブーストでよけることもでき、うまくバランスがとれているなーと感じた。これは、プレイするまでよくわからずって感じだったけど、間違いなく買い。すごく楽しめた


時間が余って2週目もプレイできたのでオプションを弄くる・・・。

そこで確認できたことは、先ほども記述した通り、操作タイプが2タイプ用意されていること、そのほかにも言語は6ヶ国語(日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語)が用意されており、それぞれインターフェース、音声、字幕と別々に自由な組み合わせで設定することができた。

SDTV用のオプションもあり、インターフェースなどの文字サイズを変更することができるようだった。ユーザーの環境に合わせて細かく設定することができ、すごく気を使っていてありがたいなーと思った。オプションが充実しているほど快適なゲームはない。とはKHBbSの時にも言ったが本当にありがたい。自分はHDTVなので関係ない話だが・・・。

また、体験会ではプレイモードを2種類、NORMALとCASUALが選択できたと言ったが、2週目をプレイした時はCASUALを選択。CASUAL MODEでは、オートエイムが可能でL1で照準を合わせる際に自動的に相手をロックオンしてくれた。これはTPSが苦手って人にもありがたいモードですな。


長かった体験会もいよいよ最後のセッション。




日本語版の最新トレーラーが公開され、三上氏のビデオレターも流れた。


IMG_0118_20100809223541.jpg


三上氏「短い時間の中での体験では、ちょっと戸惑いも感じられるようなゲームスタイルの導入なので、若干しんどい部分を感じたとは思うんですけど、30分~1時間くらいちゃんとやりこんで頂ければ、今回ゲーム性の奥深さやスリリングな快感、スピード感、爽快感、派手さ、いろんなものをトータルでじっくり味わって頂けると思います。本日はどうもありがとうございました。」


最後にお土産として、主人公のサムも吸ってる?
オリジナルデザインの電子タバコもいただけました。


PS3/360用ソフト「VANQUISH」は10月21日に発売!






Recommend


0 Comments

Add your comment