PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

『真・三国無双6』 2011年3月に発売決定!発表会フォトレポート前編




DSC00073.jpg

「真・三国無双6」 公式サイト
コーエーテクモゲームスは昨日、東京都赤坂にある赤坂BLITZでシリーズ最新作となるPS3用ソフト『真・三国無双6』の制作発表会を開催しました。本作の発売予定日は2011年3月を予定しており、価格は7,560円(税込)で3D立体視にも対応しています。それでは続きより発表会レポートを書いていきたいと思います。

DSC00090.jpg

始めに、コーエーテクモゲームス代表取締役社長 松原健二氏が登壇し「今年はシリーズ10周年を迎えて、満を持して“真・三国無双6”を発表できることを大変喜びに感じております。」「シリーズ全体として、これからも大きく羽ばたいていきたい」と語ってくれました。そして・・・真・三国無双シリーズを育てていただいたプラットフォームの代表としてソニー・コンピューターエンターテインメントジャパンのプレジデント 河野弘氏を紹介。

DSC00094.jpg

河野氏「10年もの間、ユーザーの方から支持をされ続けている。そういうタイトルはプレイステーションフォーマットの中にもたくさんあるが、錚々たるタイトルばかり。その中で歴史を題材にして10年間も支持され続けているのは無双シリーズのみで、プレイステーションフォーマットにおいて宝物のようなタイトル」とコメント。

DSC00111.jpg

次に3D立体視によるプロモーションムービーが流れ、プロデューサーである 鈴木亮浩氏が登壇し、シリーズのコンセプトと言えば“一騎当千の爽快感”ですが、もちろんこれも踏襲したうえの本作のコンセプトは・・・

DSC00113.jpg

シネマティック一騎当千となっていることを明かしました。「元となっている三国志では、魅力的な武将達による様々なドラマティックなエピソードがたくさんあるが、そういったドラマティックな場面にまるで入り込んだかのような臨場感。これを本作では実現していきたい」とコメント。続いて、ゲームの特色について以下の3つの要素を紹介した

新勢力「晋」の登場
シームレスプレイを導入
新しい「武器アクションシステム」

新勢力「晋」の登場

DSC00124.jpg

従来のシリーズでは魏、呉、 蜀という三つの勢力の物語を描いてきたが、本作では新しい勢力として「晋」が登場。この勢力を描くことに伴って、三国時代の後期を中心に活躍した武将達を、本作に新キャラクターとして多数登場させている・・・とのこと。そのなかで今回公開されたのがこの二人・・・司馬師(しばし)と司馬昭(しばしょう)で、晋の武将の声優には、置鮎龍太郎さん(司馬師)、岸尾だいすけさん(司馬昭)を起用。


シームレスプレイの導入

DSC00130.jpg

本作のコンセプトである“シネマティック一騎当千”を実現するためにシームレスプレイというシステムを導入。上記の画像は、左から順に時系列に沿ったイメージ画像だが、左側⇒真ん中まではイベントシーンで、右側の画像はゲームプレイ画面となっている。従来まではイベントがあるごとに黒幕が挿入されていたが、本作ではそれもなくなり、イベントシーンとゲームプレイ画面とが、シームレスに、そしてスムーズに移行されていた。


新しい「武器アクションシステム」

DSC00142.jpg

・従来までは、キャラクター固定だった武器だが、本作では自由に変更が可能に!
・戦場にはすべての武器を持ち込み、メニュー画面でいつでも装備の変更が出来る
・二つの武器を同時に携帯し、戦闘中でもR1ボタンで即座に武器の変更が出来る
・リアルタイムでの武器変更時には、二つの武器を連携させたヴァリアブル攻撃が発動出来る

ヴァリアブル攻撃は、武器によってそれぞれアクションが異なるほか、武器によって様々な特殊効果も付加できる。どの武器を装備するか、いつヴァリアブル攻撃を繰り出すか、などプレイヤーの好みに合わせ自由にアクションのカスタマイズが出来るようになっている。

DSC00162.jpg

DSC00165.jpg DSC00175.jpg

そしてプレゼンテーションの後、実際に3D立体視での実機プレイを見ることが出来た。没入感がすごく、かなりの迫力がありました。しかしプレイ中に出てくる武将や兵のコメント、○○を撃破せよ、というのが画面上に表示されるけどそれは少し煩わしく感じたかも・・・。ここで注目して欲しいのはもう一つ、夏侯惇が眼帯を付けていない!?つまりは目を失う前の物語も描かれているのかもしれない。


その他の新しいシステム

DSC00292.jpg

・無双ゲージを二つまでストック可能に
・乱舞技がキャラクターごとに二つ用意
・キャラクターごとに得意武器があり、得意武器を装備すればEx攻撃が繰り出せる


こんなところでフォトレポート前編は終わり、後編に関してはそのうちまた記事を上げたいと思いますのでもう少々お待ちを・・・。

<レポートリンク>
・『真・三国無双6』 2011年3月に発売決定!発表会フォトレポート前編
・『真・三国無双6』 2011年3月に発売決定!発表会フォトレポート後編


Share


Recommend


New Entry

究極のフォトリアル、まるで映画のようなサバイバルホラーFPS『Abandoned』が発表。PS5独占で2021年発売
PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね

0 Comments

Add your comment