PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

【PS4】SCEハウス社長「PSのDNAを込めたデザイン」「ソニーにとって日本は母国、軽視してるわけではない」





AVWatchで行われたSCEハウス社長へのインタビュー記事。簡易的に内容を理解できるように以下にまとめてみましたが、とても読み応えのあるものでしたのでぜひ全文を読んでみてください

変わるゲームビジネスの中で、再び「PS2」のような成功を
PS4に込めたPSのDNA。SCEハウス社長インタビュー


販売モデルは「ユーザー第一」、オンライン対戦は有料モデルへ移行
・PS4はユーザー体験を第一優先
・「新たな人と人とのつながり」による新しいゲームのおもしろさを提供
・フィジカルなUIの向上にも、注目してもらいたい
・処理性能によって新たなエモーションを与えられるようなゲーム体験を提供できるのではと考えている
・どこまで映画のような感動を実現できるかは、チャレンジ
・中古規制や認証プロセスなどは変えるつもりは全くない
・「買った人がコンテンツのオーナーである」ということを尊重しなくてはと思った
・「ゲームを買えばプレイできる」というのが基本的なものであり、相変わらず中心であると考えている
・ソフトの販売については「できるだけフレキシブル」に
・フィジカル・F2P・追加コンテンツ・フルサイズゲームのDL販売。オプションとして用意しておきたい
・PS3の時とは方針が変わり、ビジネス面ではPS+が収益の一つの柱になるのは事実
・PS4では「オンラインマルチプレイを、もっといいものにしたい」
├しかしビジネスですから、会社にとってのコストは無視できない
└なのでユーザーにも少しだけ負担してもらい、インフラを担ってもらい、リクープする、というモデル
・「中古に規制を加えてもらいたい」という要望は受けたことがない

ハード販売に関しては「PS2」の再現を狙う、日本は「最優先」
・PS4は技術・アーキテクチャの選択肢としてPS3初期の投資のあり方やハードの仕組みから大きく変わった
・「できるだけPS2に似ているようなビジネスモデル」に戻したい
・ハードの利益は大きいわけではないですが、他方で逆ざやも大きくならないようにしている
・ロンチで399ドルという価格でも利益を考えながらビジネスをすることができるようになっている
・契約販売による値下げを組み込んだモデルはあり得るが具体的に発表する計画は今のところない
└サブスクリプションでの販売を前提にしたビジネスモデルではないから
・日本での価格や発売日はこれから判断するところ
└どのくらい需要があって生産計画をどうするのかなど時期を見ながら検討する
・ソニーにとって日本は母国ですから、非常に大切であることは間違いない
├日本を軽視しているのではなく、今回は欧州北米向けの発表。
└日本では日本でちゃんとした計画を発表する

PS4のデザインは隅井徹氏が担当、「プレイステーションのDNA」を込める
・隅井徹氏とは随分議論し「PSの歴史・DNAを表現するようなデザインが望ましい」と話した
・隅井氏が自らのクリエイティビティから提示したのが、今回のデザイン
・PS2へのオマージュじゃないかと思った。
└久夛良木さんも同じ話をしたが、そういう風に受け止められるのは、ポジティブなことだと思う
・非常にがんばってくれたと思うのがPS2のオマージュが入っているのに、最先端で前向きなデザインなとこ
・「シルエット」が紙に描けて、非常にアイコニックなとこがプレイステーションのDNA
└「誰でもシルエットを紙に描けるようなものにしてもらいたい」とお願いした
・電源ON時に光るスリット部のLEDは電源投入時、PSブルーでシュワッと光が走る。ぜひ体験いただきたい

「PS3」の価値を「PS4」ではスタートから準備
・PS3はスタート時ゲーム専用機だったがアップデートでどんどん進化していった。PSN、ネットコンテンツ
・PS4は最初から用意できる。PS3より200ドルも安く提供できるから非常に価値が高いと思う
・PSVitaはワールドワイドで厳しい状況だが日本とアメリカではユーザー層の違いがある
・PSVitaにおける「リモートプレイ」の位置づけには非常に期待している
・アメリカの流行の1つとして「セカンドスクリーン」のようなTVを見ながらデバイスを使うというのがある
・PS4とGaikaiの技術を使ったリモートプレイによってPSVitaは完璧なコンパニオンデバイスになる
・PS4とPSVitaのセット販売はあり得る。後々検討したい
・ゲーム機が普及しきっていない国でローカライズは非常に重要になる
・ポーランド語でローカライズしたことによって大きな話題となり売上も良い影響があった
・ローカライズがビジネスの展開、成長の柱だと思っている
・アジア圏、特に中国向けのローカライズを進めている
・できるだけ広い顧客に対応するというのがPlayStationのルール
・プラットフォームとして責任をもってやらなくてはならない



Share


Recommend


New Entry

プロトタイプ版「Xbox Series X」の実機がリーク。SSD性能は読み込み3.6GB/s、端子類はUSB×3、HDMI×1、LAN、光デジタルと謎の挿入口も
『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』PS4向けに2020年発売決定!EXVSシリーズアケ版最新作も制作中
ソニー、PCへタイトル供給?『The Last of Us II』PC版発売の噂。Naughty Dogの求人リストに「Nvidia アーキテクチャを理解する人」
アイマス家庭用最新作『アイドルマスター スターリットシーズン』PS4/PC向けとして2020年発売決定。本家765プロに加え、デレマス、ミリマス、シャニマスから集結
PS5用コントローラーの名称は「DUALSHOCK 5」で確定か?SIE公式サイトより判明、PS4でも使用可能
『サイバーパンク 2077』国内発売日が2020年4月16日から9月17日に延期を発表・・・秋って激戦区じゃないか
PS4「DUALSHOCK 4 背面ボタンアタッチメント」海外レビューまとめ。僅かなコストでプロコン化、ゲーマーでなくとも有用性があるなど高評価
ソニー、PlayStation 25周年を祝うイベント「Experience PlayStation」を本日よりニューヨークで開催。最終日にPS5発表か?と話題に
ソニー、昨年に続き「E3 2020」にも不参加を正式に発表。PS5に注力するため
MS、家庭用ゲーム機の世代間をぶっ壊す。Xbox Series X向けとして発売される自社タイトルは現行のXbox Oneでもプレイ可能!上位互換性を発表

3 Comments

名無しさん  

ふむふむ

2013/06/15 (Sat) 00:41 |   

名無しさん  

そう言えば薄型PS2を二つ重ねた感じのデザインですね

2013/06/15 (Sat) 03:17 |   

http://www.ihyuk.com/  

gucci 新作

2013/09/17 (Tue) 17:17 |   

Add your comment