PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

ソニーの液晶テレビ「BRAVIA」新製品群発表。Android TV搭載、ハイレゾ対応、4Kチューナー内蔵



上位モデルスゴイやん
ソニーがAndroidTVに対応した液晶テレビ「BRAVIA」の国内向け新製品を発表しました。75型~43型の4Kモデル全7機種と50型、43型の2Kモデル2機種の計9機種をラインナップする。これら全てのモデルでAndroid TVを搭載。4Kモデルを紹介していきます。

大型サイドスピーカーを搭載したお馴染みの人気上位モデル「X9300」「X9400」シリーズ
・サイズ 75/65/55型
・Android TV 採用
・バックライトはX9400が直下型、X9300がエッジ型を搭載。どちらもLED部分駆動に対応
・前面ガラスと液晶パネルが一体化して見える「オプティコントラストパネル」採用
・パネルは120Hz倍速駆動で75型は480Hz相当の「モーションフローXR480」
・65型/55型は240Hz相当の「モーションフローXR240」
・HDR対応予定
・4Kチューナー内蔵
・ハイレゾ対応のサイドスピーカー搭載
・新エンジン「X1」搭載
└超解像技術や広色域技術、高輝度技術などを1チップに集約
・磁性流体サブウーファやハイレゾ対応で音質向上

p_x9400c.jpg

店頭予想価格は
・75型が100万円前後
・65型が60万円前後
・55型が42万円前後


4Kチューナー内蔵型スタンダードモデル「X8500C」シリーズ
・サイズ 65/55/49/43型
・Android TV採用
・4Kチューナー内蔵
・上位モデルと同等に新エンジン「X1」搭載
・バックライトはエッジ型
・液晶パネルは「トリルミナスディスプレイ」
・120Hz倍速駆動に対応、240Hz相当の「モーションフローXR240」搭載
・上位モデルとの違いはLEDバックライトの部分駆動は無し、オプティコントラストパネル無し

p_x8500c.jpg

店頭予想価格は
・65型が50万円前後
・55型が32万円前後
・49型が26万円前後
・43型が21万円前後

色々と全部入りな上位モデルと機能面は抑えつつ、スタンダードに仕上げた「X8500C」も良いですね。AndroidTV採用ということで、PlayStation Nowにも対応するだろうし、そろそろ4Kも欲しい…

ソニーカンファレンスの映像



Share


Recommend


New Entry

PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明

0 Comments

Add your comment