PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

海洋堂のハイクオリティなモンハン可動フィギュア「ヴァルカン-ログ ティガレックス(通常/亜種/希少種)」が予約開始



気になってるんだよな
ユニオンクリエイティブ×海洋堂が送る、新アクションフィギュアシリーズ『ヴァルカン-ログ』で『モンスターハンター』シリーズ再始動!可動監修:山口勝久 ヤマグチ式可動が『ヴァルカン-ログ』でも冴えわたる!

Vulcanlog(ヴァルカン-ログ)001モンハンリボ ティガレックス ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

Vulcanlog(ヴァルカン-ログ)001モンハンリボ ティガレックス
Vulcanlog(ヴァルカン-ログ)002モンハンリボ ティガレックス亜種
Vulcanlog(ヴァルカン-ログ)003モンハンリボ ティガレックス希少種 ~怒りVer.~

【“轟竜”ティガレックスが新型ジョイントと蛇腹構造で動く!うねる!飛び掛る!】
・ディティール&アクション性能の両立を果たしたモンスターフィギュア。
・全身にビッシリと入った鱗や肋骨の浮き上がり、大地を踏みしめる力強い脚など、渾身のディティールをとくと見よ!
・全身19個のジョイントを仕込み、多くの可動域を確保したティガレックスが襲い掛かる!
・新型ジョイントと蛇腹構造で再現した首と尻尾が、左右に上下に大きく動く! 代名詞とされる突撃攻撃や、長い尻尾を使った回転攻撃、首を大きく振りハンターをなぎ倒す動作も簡単に再現できます。
・口はダブルジョイントを採用し、より大きく口を開くことができます。 熟練ハンターですら恐怖する、轟々たる咆哮シーンを再現可能。
・付属の同スケールのハンター男剣士とオトモアイルーを並べて狩猟シーンを楽しめます。尻尾部分を差し替え、狩りで切断された状態にもできます。
・エフェクトパーツは砂色に塗装し、ティガレックスとの激しい戦闘で巻き上がる噴煙を再現します。

〈通常種〉
・黄色い外殻に特徴的な青の縞模様を塗装で再現。
ウォッシング塗装により、表面の鱗ディティールが浮かび上がる!

〈亜種〉
・黒轟竜(こくごうりゅう)の名のとおり、黒褐色の姿のティガレックス亜種を塗装で再現。 切れ味を誇る、鋭く尖っている爪は甲殻同様漆黒に染まっている。

〈希少種〉
・血塗られたように赤黒く分厚い鱗に覆われている、希少種のティガレックス。 凶暴たる『大轟竜(だいごうりゅう)』の怒り状態を再現。名だたるハンターたちを恐怖に陥れた大轟竜を是非とも手にとってほしい。

【サイズ】全長:約220mm
【可動箇所】フィギュア:全19箇所

FIGURE-012222_01.jpg
FIGURE-012222_04.jpg
FIGURE-012222_06.jpg
FIGURE-012222_02.jpg
FIGURE-012222_05.jpg
FIGURE-012222_07.jpg
FIGURE-012222_03.jpg
FIGURE-012222_08.jpg



 モンスターハンター,

Share


Recommend


New Entry

【レビュー】スタンディングデスクにもなる、電動昇降デスク FLEXISPOT E7
CrucialもPS5対応のGen 4 M.2 SSD『Crucial P5 Plus SSD』を発表。シーケンシャル読み込み最大6600MB/s
ソニー、PS5のVRR対応アップデートは12月を予定
PS5対応を公式がアナウンスしているGen 4 M.2 SSDと動作確認されているオススメSSDまとめ
【1名様にプレゼント】PS5コントローラー『DUALSENSE』を改造。eXtreme Rate製背面ボタンキット「Rise Remap Kit」レビュー!
究極のフォトリアル、まるで映画のようなサバイバルホラーFPS『Abandoned』が発表。PS5独占で2021年発売
PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期

0 Comments

Add your comment