PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

デス・スターは秋に実装『スターウォーズ バトルフロント』のDLCスケジュールとアップデート情報が一挙公開



長期的アップデートを計画か
『スターウォーズ バトルフロント』のDLC&アップデート情報が公式サイトが更新されて一挙公開となっています。DLCロケーションとしてはデス・スターやジャバザハットの宮殿などがDLCで追加予定。詳細は以下より

renditionmg.jpg

「Star Wars バトルフロント」のファンの皆さんへ

「Star Wars™ バトルフロント™」のリリースから2か月、数百万のファンの皆さんが、原作を限りなく忠実に再現した、「Star Wars バトルフロント」の臨場感あふれる美しい世界を日々楽しんでいます。まさに、DICEチームが願って作り上げてきた通りです。

先の11月にもお伝えした通り、「Star Wars バトルフロント」のリリースは「始まりに過ぎません」。 開発チームでは皆さんからの要望に耳を傾けながら、2016年一年を通した新コンテンツと各種調整・変更に関するカレンダーの作成を進めています。 今後、全プレイヤーに向け、マルチプレイヤーとミッションモードの両方において新しいマップの配信やプライベートマッチの導入、新しいヒーロー用コスチュームの追加などが予定されています。 さらに「Star Wars バトルフロント」を遊び尽くしたいファンは、「Star Wars バトルフロント シーズンパス」(※)での新コンテンツにご期待ください。ベスピンやデス・スターを始めとした新しい世界や、その他各種の新要素が待ち受けています。

リリース後の新しい展開の第1弾として、先月「バトルオブジャクー」DLCが配信され、2つの新マップと新ゲームモード「ターニング・ポイント」が追加されました。 それに続いて今回、「Star Wars バトルフロント」の全プレイヤーに向けて、さらに新しい無料コンテンツの配信が行われます。追加されるコンテンツには以下のような物が含まれます:

●タトゥイーンのサバイバルマップが、「レイダーの野営地」の名前でブラスト、ドロイド・ラン、ドロップ・ゾーン、ヒーロー・ハント、ヒーローVS.ヴィランのマルチプレイヤーモードに対応します。

●ルーク・スカイウォーカーとハン・ソロ向けのホスをテーマにした新コスチューム。ホスで両ヒーローをプレイした際に全プレイヤーで利用可能です。先月の「ヒーローズホリデー」コミュニティーミッションをコミュニティーが達成したことでアンロックされました。
プライベートマッチ作成機能。より簡単にフレンドと集まってプレイすることができるようになります。

●デイリーチャレンジとコミュニティーイベントの導入。 コミュニティーが協力して1つのゴールを目指すための仕組みです。クレジットやアンロックをより早く獲得することもできるようになるでしょう。 デイリーチャレンジとコミュニティーイベントについては、今後さらに新しい情報をお伝えしていく予定です。

●そしてもちろん、各武器やマルチプレイヤーに対する全体的なバランス調整も行われます。

2月には、ホスでの新サバイバルミッションや、ウォーカー・アサルト、スプレマシー、ファイター・スコードロン、ターニング・ポイントの大規模モードに対応したホスの新作マルチプレイヤーマップを含む全プレイヤー向けの無料コンテンツがさらに追加されます。 そして現在人気のターニング・ポイントですが、2月のアップデートでウォーカー・アサルト、スプレマシーに対応しているすべてのマップでターニング・ポイントをプレイ可能になります。

3月には、ウォーカー・アサルト、スプレマシー、ターニング・ポイントに対応したエンドアの新マルチプレイヤーマップ、タトゥイーンのサバイバルミッション用新マップ、レイア姫のエンドア用コスチュームが追加される予定です。

上記の無料コンテンツの他にも、一年を通してコミュニティーの要望に耳を傾け、「Star Wars バトルフロント」をより一層楽しめるようにアップデートの配信を行っていきます。

さて、ファンの皆さんからはシーズンパスの詳細を心待ちにする声も多く上がっています。そのシーズンパスに関する最新情報をお届けします。 シーズンパスでは、皆さんお待ちかねのマップやモード、ヒーローや武器などのさまざまなコンテンツが登場します。 今回は、各デジタル拡張パックのタイトルを発表するとともに、それぞれでどのような内容が予定されているのか、大まかな紹介を行います。

「Star Wars™ バトルフロント™ アウター・リム」(2016年3月)
サラストの軍需工場やタトゥイーンのジャバ・ザ・ハットの宮殿で戦いを繰り広げます。

「Star Wars™ バトルフロント™ ベスピン」(2016年夏)
ベスピンのクラウド・シティで互いを狩り合うアクション満載の体験が待ち受けます。

「Star Wars™ バトルフロント™ デス・スター」(2016年秋)
「あれは月じゃない…」。 「Star Wars」シリーズを代表するとも言えるあの場所が、「Star Wars バトルフロント」にデビューします。

「STAR WARS™ バトルフロント™」拡張パック4、タイトル未定(2017年初頭)
この最新拡張パックの詳細については、今後の発表をお待ちください。

今回紹介したコンテンツはすべて、PlayStation 4、Xbox One、Origin(PC)の各プラットフォームで現在発売中の「Star Wars バトルフロント シーズンパス」の一部に含まれています。 また、各デジタル拡張パック単体での販売も行われます。 公式ウェブサイトで、予定されているコンテンツ等、各種詳細をご確認ください。

「Star Wars バトルフロント」はDICEにとっても精魂を込めて作り上げた作品です。これから長くに渡り、ゲームそのものだけでなく、コミュニティーを支えてくれるファンの皆さんに対しても全力でサポートに取り組んでいきたいと考えています。 私たちも、皆さんと共に「はるかかなたの銀河系」をめぐる旅が見せてくれる新たな世界を楽しみにしています。

それでは、いついかなるときも…フォースと共にあらんことを!



Star Warsバトルフロント
エレクトロニック・アーツ (2015-11-19)
売り上げランキング: 114

Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

0 Comments

Add your comment