PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

『Battleborne(バトルボーン)』プレイレビュー。ストーリーモードは10時間以内でクリア可能でちょっと物足りない



レビュー良い点
・ 豊富で魅力的なキャラクターたち
・ 手の込んだ成長要素
・ 魅力的な導入ストーリー

悪い点
・ 酷いゲームバランス
・ 物足りないストーリーモード
・ ロードが長い
・ ロックされたキャラクターが多い

Battleborn_StartScreen_HeroArt.jpg

成長要素が豊富で個人的にはオーバーウォッチよりも魅力的に感じる豊富なキャラクター達はGearboxらしさが出ていてとても良い。ストーリーモードはキャラクターたちが仲間に加わる一部が描かれ、最終的には世界の終焉をかけた戦いに。ヒーローストーリーらしいものになっているが、エピソードは9までしかなく全キャラクターの加入物語が描かれているわけではない。

エピソードごとに違うステージに飛ばされ、エピソード毎にレベルは1から開始。クリアするころには、最大レベル10まで到達しそれまでどのスキルルートを辿いどのようなスキルを習得していくのか選択できるが、各話各話いちいちレベル1からというのは賛否両論ありそうだ。

また、先程も言ったとおりエピソードは9までしかなく各エピソードのクリア時間は40分~50分が大凡の目安。10時間もかからずにクリア出来てしまうため少々物足りない。さらにストーリーモードをクリアしても一部のキャラクターしか使用できず、ランクを上げキャラクターをアンロックする必要がある。オンラインマルチがメインとなっているのでストーリーモードはおまけみたいなものだが、オンラインマルチはランクが高いほど有利なゲーム性になっているので技術でカバーするのはちょっとむずかしくも感じる。

やり込めばやり込むほど、色々なものがアンロックされ、のめり込ませてくれるゲーム性を秘めているかもしれないが、マッチングがランク別になっていないので、叩きのめされる可能性も。ゲームバランスが乏しく挫折してししまう人は多そうなゲームと感じた。ちなみにストーリーモードクリア時でランクは9。アンロック済みキャラクターは25人中13人ほどでした。


Destinyもそうだったがこの手のランクやレベル要素のあるシューターは管理人には合わないのだと改めて思った。「オーバーウォッチ」も近いうちにプレイする予定だがちょっと気が乗らなかったりもしていたり。。。

バトルボーン
バトルボーン
posted with amazlet at 16.05.29
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2016-05-19)
売り上げランキング: 280

Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

1 Comments

匿名希望  

オーバーウォッチはオーバーウォッチでじゃんけんゲーだなんて言われてますけどね…

2016/05/29 (Sun) 21:25 |   

Add your comment