PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

ソニー、超単焦点小型プロジェクターが大ヒット「こんなに売れるとは思ってなかった」半年待ちのケースも



すげえ
ソニーの超単焦点小型プロジェクター「LSPX-P1」が大ヒットしているとか。発売から数ヶ月経ちましたが、確かにヨドバシカメラでも入荷待ちのようです。記事によれば半年待ちのケースもあるだとか

品切れ続くソニープロジェクター 大ヒットの理由

メーカーのみならず、家電量販店までもが「こんなに売れるとは思っていなかった」と口をそろえる。デジタル家電の分野で、2016年上半期を代表するヒット商品が、ソニーの「LSPX-P1」(実勢価格9万9900円、税込み)だ。2016年2月の発売直後から注文が殺到。店頭では入荷待ちが続いており、およそ半年待ちのケースもある。

22~80型の大画面に投映でき、壁にぴったり寄せられる超短焦点プロジェクター技術を、幅約8cmの本体に詰め込んだ。スピーカーとバッテリーを内蔵しており、スマートフォン(スマホ)とペアリングすれば、無線で映像を送ることもできる。


LSPX-P1_group_02.jpg LSPX-P1.jpg
LSPX-P1_img003.jpg LSPX-P1_img004.jpg
LSPX-P1_img009.jpg LSPX-P1_img006.jpg

だが、何より優れていたのは、その用途提案だ。天気に合わせた世界の映像や、窓を模した風景、シンプルな時計などを、簡単な操作で投映できる。本体は、リビングに置いたままでも違和感のないデザイン。ソニーは映像をインテリアにする道具として、この製品を訴求したのだ。

紙に絵画を投映して模写に使ったり、テーブルの上に画面を投映してゲームを楽しんだり。ユーザー自身が活発に用途を開拓しているのも、この製品の特徴だ。「高性能なプロジェクターに比べれば、明るさは不足気味で、不満点も多い」(家電量販店)。そんなハンディを割り切って、自由なスタイルを前面に出し、プロジェクターを持っていないユーザーを取り込んだことが、大成功につながった。


「手軽に大画面」憧れるんでしょうね。自分もBenQのフルHD対応、超単焦点DLPプロジェクターを持っていますが(レビュー記事はこちら)、実際100インチの画面が数メートル先にあるって迫力すさまじいですもん。画質や遅延なんかも気にならないですし(音ゲーや格ゲーは別)

Share


Recommend


New Entry

PS5の新たな機能「クロスジェネレーションパーティチャット」が判明。PS4ユーザーともパーティチャットが可能に
『龍が如く』シリーズ最新作が9月27日の「セガなま」で発表か?番組MC椿彩奈さんが予告ツイート
ソニー正式回答、『Marvel's Spider-Man Remastered』は単体で入手することは不可能。『Miles: Ultimate Edition』でのみプレイ可能と判明
『アサシンクリード ヴァルハラ』PS5版もXSX版と同じく4K/60fpsで動作!さらに3Dオーディオに対応、超高速SSDにも最適化
『PlayStation Plus Collection』発表。PS5購入者向けフリプ一挙提供の新サービス!モンハンワールド、FFXV、ペルソナ5、バイオハザード7、BloodBorneなどが追加費用無し無料でDL可能
スクウェア・エニックス、PS5配信イベントで『FINAL FANTASY XVI』を発表か?GI誌シニア編集者が仄めかす
ソニー、次世代機「PlayStation 5」に関する映像配信イベントを日本時間9月17日午前5時より放送決定。発売日や価格情報ついに発表か
スクウェア・エニックス『電車でGO!! はしろう山手線』が電撃発表。「高輪ゲートウェイ」駅実装、PS4(PSVR対応)向けに12月3日発売、Switch版は発売日未定
『KENA: Bridge of Spirits』開発者インタビューが公開。PS5版は起動にわずか2秒、DUALSENSEに触れたらもう後戻りできない。無料アップグレードも
マイクロソフト、史上最も小さいXbox『Xbox Series S』を正式発表。価格は299ドル、NVMeSSD 512GB搭載、ドライブレス、VRRやVRSにも対応。公式トレーラーも流出

0 Comments

Add your comment