PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

パイオニア、Lightning接続イヤホン『RAYZ』発表。ノイキャン搭載、聴きながら充電もできるマストバイ製品



これ買うかなぁ
Lightning接続によるアップル製品専用モデル『RAYZ』がパイオニアから発表されました。

iPhone最新機種でイヤホンジャックが廃止され、愛用イヤホンの接続にも"一手間"必要になってしまい、さらには同時充電が出来ないという欠陥を背負ってしまったiPhone。しかしこの『RAYZ』なんと充電しながら音楽を聴けるようにケーブルにLightning充電ポートも備えた世界初のモデルとなっています。

1702_digimono_pioneer-RAYZ02.jpg 1702_digimono_pioneer-RAYZ03.jpg
『RAYZ』(型番:SE-LTC3R-K、SE-LTC3R-W)


1702_digimono_pioneer-RAYZ04.jpg 1702_digimono_pioneer-RAYZ05.jpg
『RAYZ Plus』(型番:SE-LTC5R-T、SE-LTC5R-S)


さらにアップル純正「AirPods」のように、イヤホンを耳から外すと音楽の再生を自動でストップさせる「オートポーズ機能」や「ノイズキャンセル機能」も搭載。これら各種機能は『RAYZ」専用アプリで制御可能。

【オートポーズ】…イヤホンを耳から外すと、再生していた音楽や動画を自動でストップ。
【スマートノイズキャンセリング】…静かな場所、うるさい場所など、周囲の状況にあわせ最適なノイズキャンセリングを行う。
【HearThru(ヒアスルー)モード】…イヤホンを外さずに周囲の音を取り込めるモードに切り替え可能。
【スマートボタン】…イヤホンのリモコンに付いたボタンに自分好みの機能を割り当てられる。


価格は海外だと『RAYZ』が99ドル、充電ポートを備えた上位モデル『RAYZ Plus』が149ドルで国内発売も決まっていますが価格はオープンプライス。『RAYZ』ほんと良い。iPhone専用の本気モデルというだけあって"痒いところに手の届く"iPhoneユーザーの気持ちを考えた製品となっていますね。

Bluetoothは何かと充電が必要だったりで使っていてもいざという時充電忘れてたりで結局有線モデルに落ち着くんですよね。『RAYZ』は3月下旬に発売されるようなので出たら買ってみようっと

パイオニア『RAYZ』Webサイト

Share


Recommend


New Entry

【レビュー】スタンディングデスクにもなる、電動昇降デスク FLEXISPOT E7
CrucialもPS5対応のGen 4 M.2 SSD『Crucial P5 Plus SSD』を発表。シーケンシャル読み込み最大6600MB/s
ソニー、PS5のVRR対応アップデートは12月を予定
PS5対応を公式がアナウンスしているGen 4 M.2 SSDと動作確認されているオススメSSDまとめ
【1名様にプレゼント】PS5コントローラー『DUALSENSE』を改造。eXtreme Rate製背面ボタンキット「Rise Remap Kit」レビュー!
究極のフォトリアル、まるで映画のようなサバイバルホラーFPS『Abandoned』が発表。PS5独占で2021年発売
PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期

0 Comments

Add your comment