PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

MS、Xbox史上最も小さく真の4Kに対応した『Xbox One X』を発表、11月7日発売で価格は499ドル。360だけでなく初代Xboxの互換性も搭載



これは素直にスゴイ
Microsoftは本日開催したE3 カンファレンスにて開発コードネーム「Project Scorpio」と呼ばれていた新型Xboxの正式ネームを『Xbox One X』となること発表し、デザイン、発売日、価格がついに発表されました。

全世界で11月7日発売予定、価格は499ドル


XboxScorpio-1.jpgXboxScorpio-2.jpg
XboxScorpio-3.jpgXboxScorpio-4.jpg

XboxOneXはネイティブ4K解像度に対応。Blu-ray ドライブも4Kに対応したUltra HD Blu-ray ドライブを搭載しています。全てのXboxOneソフト、周辺機器の互換性を持ち、既存のXboxOne用ゲームはスーパーサンプリングもされる。さらにXboxOneの後方互換性システムにXbox360だけでなく初代Xboxも対応することが発表された。

驚くべきは筐体のサイズだ。冷却液+空冷で放熱する「Liquid-cooled Vapor Chamber」と呼ばれる冷却機構(PCで言うところの水冷クーラー ※若干機構は異なる)を用いており、このシステムのおかげで「XboxOneX」はXboxOneSよりも小さいサイズを実現。つまりXbox史上最も小型で史上最もパワフルなコンソールが『XboxOneX』となる。

多くの対応ソフトも発表された。
『Forza Motorsport 7』
『Crackdown 3』
『STATE of DECRY 2』
『Assassin’s Creed Origins』
『Shadow of War』
『Metro Exodus』
『ANTHEM』
『Killing Floor 2』
『Need for Speed Payback』
『Sea of Thieves』
『Madden 18』
『Minecraft』

など

Share


Recommend


New Entry

『アサシンクリード ヴァルハラ』PS5版もXSX版と同じく4K/60fpsで動作!さらに3Dオーディオに対応、超高速SSDにも最適化
『PlayStation Plus Collection』発表。PS5購入者向けフリプ一挙提供の新サービス!モンハンワールド、FFXV、ペルソナ5、バイオハザード7、BloodBorneなどが追加費用無し無料でDL可能
スクウェア・エニックス、PS5配信イベントで『FINAL FANTASY XVI』を発表か?GI誌シニア編集者が仄めかす
ソニー、次世代機「PlayStation 5」に関する映像配信イベントを日本時間9月17日午前5時より放送決定。発売日や価格情報ついに発表か
スクウェア・エニックス『電車でGO!! はしろう山手線』が電撃発表。「高輪ゲートウェイ」駅実装、PS4(PSVR対応)向けに12月3日発売、Switch版は発売日未定
『KENA: Bridge of Spirits』開発者インタビューが公開。PS5版は起動にわずか2秒、DUALSENSEに触れたらもう後戻りできない。無料アップグレードも
マイクロソフト、史上最も小さいXbox『Xbox Series S』を正式発表。価格は299ドル、NVMeSSD 512GB搭載、ドライブレス、VRRやVRSにも対応。公式トレーラーも流出
追記:「PS5型のケーキでした」とのこと・・・Twitchの有名ストリーマーがPS5実機を所持!?なんらかのハンズオンが行われた可能性。Twitch公式も反応
PS5版『Dead by Daylight(デットバイデイライト』が2020年内に発売決定。グラフィック向上、4K/60fps動作、PS4ユーザーは無料でアップグレード可能
リーカー「Switch向け『モンスターハンター』はRE ENGINEを採用し、もうまもなく発表されるだろう」

0 Comments

Add your comment