PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

SIEWWS 吉田修平氏「SIE Japan Studioはリソースを出し尽くし、PS4向けの新たなプロジェクトを始める段階」



みんゴルで一通り出した感じだったのか
フリージャーナリスト 西田 宗千佳氏によるTGS 単独インタビューがAV Watchに掲載されている。SIE代表取締役社長のアンドリュー・ハウス氏、SIEジャパンアジア(SIEJA)プレジデントの盛田厚氏、そして、SIE・ワールドワイドスタジオ プレジデントの吉田修平氏の3名を独自取材したとのこと。

西田さんはJapanStudioのタイトルがTGSで無かった点にも触れており、吉田修平氏の回答は「Japan Studioはリソースを出し尽くし、PS4向けに新たなプロジェクトを始める段階」とのことで現在は開発を始めたばかりなのかもしれない。早ければ1年後のTGS、2年後のE3でお披露目されるだろうか。

以下JapanStudioに触れているインタビュー部分を抜粋。元記事では盛田さんやアンドリュー・ハウスさんへの見ごたえあるインタビューも掲載されています。

−−その中で「JAPAN STUDIO」がなにをするのか、日本に向けたタイトルを作るチームがどういうことをするか、が重要です。

吉田:確かに、私としてもずっと前から「できていない」と思っているのが日本市場への取り組みです。

 PlayStation 1の頃は自社タイトルもがんばっていたのですが、それ以降はサードパーティーのみなさんのタイトルに引っ張られて伸ばしてきたところがあります。そこで「ファーストパーティー、自社タイトルはどうなんだ?」と言われると、その通りだと思っています。

 そのひとつとして取り組んでいるのが、海外の大きなスタジオのものすごいクオリティの作品について、日本のユーザーのファンを増やそう……という試みです。結果として、徐々に海外タイトルへの食いつきも増えています。

 ではJAPAN STUDIOがなにを作るのか?

 もちろんそこの責任は大きいと思っていますが、ひとつのジレンマとして、PS4クラスになって開発費が大きくなっている、ということも挙げられます。ニワトリ・卵の関係ではあるのですが、利益とその回収を考え、グローバルな市場を目指して作ってきました。

 ただここへきて、去年あたりから、「日本のデベロッパが日本市場にむけて作ったもの」が、欧米でもヒットするようになってきています。これは、日本のゲームに敏感に反応する層が増えてきている結果だと思うのですが。日本でもPS4向けのゲームが多く出るようになり、それが欧米でもヒットしています。

 JAPAN STUDIOとしては、昨年からの一連のタイトルで、リソース的には出し尽くし、これから新たなプロジェクトを始める段階です。日本のゲームに対する環境が変わってきているので、より自由度は高まりつつありますし、日本市場への貢献度も高くなる環境にはある……と思っています。

−−この時期から企画するものも、基本的にはPS4向け、ということになりますか?

吉田:まだPS4向けですね。よりPS4に力をいれなきゃいけないくらい、の段階かと思います。

元記事はこちら:PS4普及期の戦略。1.5億台を狙うPS4、次の100万台へ拡大するPSVR


JapanStudio開発のタイトルは応援という意味でも買っているが、発売時期が大作とかぶることも結構あるので積みゲー化してることが多いんだよね。毎月のようにどんどん増えてる積みゲー・・・消化しないとなぁ
英雄伝説 閃の軌跡III 【初回限定特典】閃の軌跡III マルチデスクカレンダー2017-2018 付

英雄伝説 閃の軌跡III 【初回限定特典】閃の軌跡III マルチデスクカレンダー2017-2018 付

  • 日本ファルコム
  • PlayStation 4
  • 参考価格 ¥8,424
  • 価格 ¥6,890 (2017/9/27 11:11時点)
  • Amazonで詳細を見る

Share


Recommend


New Entry

『龍が如く』シリーズ最新作が9月27日の「セガなま」で発表か?番組MC椿彩奈さんが予告ツイート
ソニー正式回答、『Marvel's Spider-Man Remastered』は単体で入手することは不可能。『Miles: Ultimate Edition』でのみプレイ可能と判明
『アサシンクリード ヴァルハラ』PS5版もXSX版と同じく4K/60fpsで動作!さらに3Dオーディオに対応、超高速SSDにも最適化
『PlayStation Plus Collection』発表。PS5購入者向けフリプ一挙提供の新サービス!モンハンワールド、FFXV、ペルソナ5、バイオハザード7、BloodBorneなどが追加費用無し無料でDL可能
スクウェア・エニックス、PS5配信イベントで『FINAL FANTASY XVI』を発表か?GI誌シニア編集者が仄めかす
ソニー、次世代機「PlayStation 5」に関する映像配信イベントを日本時間9月17日午前5時より放送決定。発売日や価格情報ついに発表か
スクウェア・エニックス『電車でGO!! はしろう山手線』が電撃発表。「高輪ゲートウェイ」駅実装、PS4(PSVR対応)向けに12月3日発売、Switch版は発売日未定
『KENA: Bridge of Spirits』開発者インタビューが公開。PS5版は起動にわずか2秒、DUALSENSEに触れたらもう後戻りできない。無料アップグレードも
マイクロソフト、史上最も小さいXbox『Xbox Series S』を正式発表。価格は299ドル、NVMeSSD 512GB搭載、ドライブレス、VRRやVRSにも対応。公式トレーラーも流出
追記:「PS5型のケーキでした」とのこと・・・Twitchの有名ストリーマーがPS5実機を所持!?なんらかのハンズオンが行われた可能性。Twitch公式も反応

1 Comments

名無しさん  

何十人もPやDがいて5年以上ソフト出してない人間が何人もいるのに出し尽くしたのか…

2017/09/28 (Thu) 02:47 |   

Add your comment