PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

【速報】『モンスターハンターワールド』国内売上は発売3日で135万本!FFやDQを超えるPS4史上最高の初動、ダウンロード版も含めると200万本を超える勢いとのこと!!



マジかよ。。。すんげええええ 200万本も超えるってダウンロード版売れすぎじゃね?70万本近く売れていることに・・・モンハン凄すぎる

『モンスターハンター:ワールド』発売3日間で135万本を販売!
PS4タイトルで過去最高の初動、累計販売本数も歴代トップに


ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、カプコンが2018年1月26日に発売した、プレイステーション4向けソフト「モンスターハンター:ワールド」の国内推定販売本数を速報としてまとめました。
「モンスターハンター:ワールド」売上速報

(集計期間:2018年1月26日~2018年1月28日/販売日数:3日間)

国内推定販売本数:1,350,412本
※限定版と本体同梱版を含む。(ダウンロード版の本数は含みません)

【ご参考】
2017年11月~2018年1月 プレイステーション4本体週間販売台数推移(国内)
(集計期間:2017年10月30日~2018年1月28日)

l_5a715f4fef0ce.jpg

今回の速報について
「モンスターハンター:ワールド」は発売3日間(初週)で135.0万本を売り上げ、プレイステーション4向けソフトの中で過去最高の初週販売本数を記録。累計販売本数も歴代1位となりました。さらに、ダウンロード版を含めると、200万本を超える勢いと推測されます。

 本作発売週(2018年1月22日~1月28日)のプレイステーション4(プレイステーション4 Proを含む)の週間販売台数は、前週の44,910台から3.1倍の140,432台となり、前週の販売台数から大幅に増加。「モンスターハンター:ワールド」がハードの牽引にも貢献していると言えます。また、週間販売台数としては、プレイステーション4本体発売週(2014年2月17日~2月23日)の322,083台に次ぐ歴代2位となっています。なお、プレイステーション4は累計販売台数が6,187,000台となりました。

「ファミ通」について
 ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトなど、様々なサービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計、毎年「ファミ通ゲーム白書」を発刊。12月12日には、モバイルゲームに特化した「ファミ通モバイルゲーム白書2018」を発売しました。

株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について
 株式会社Gzブレイン(代表取締役社長:浜村 弘一)は2017年7月3日、カドカワ株式会社の100%子会社として設立。『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っています。情報誌や書籍の出版だけでなく、Webメディアやイベントの企画・運営、ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、ゲームマーケティング事業など、あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開しています。

https://www.famitsu.com/news/201801/31150829.html


 モンスターハンター,

Share


Recommend


New Entry

『アオナツライン』の移植版が早くもPS4とPSVita向けに発売決定!
ガスト、アトリエシリーズ最新作と思われる新プロジェクトのティザートレーラーをお披露目!新シリーズっぽいぞ!!
ダーク戦国アクション、PS4『仁王2』の最新ゲームプレイ映像公開。守護霊と憑依する新システムも?クローズドアルファテストが5月24日より実施決定!
『アズールレーン クロスウェーブ』愛宕、高雄、エンタープライズ、サラトガ、コロンビアの情報が解禁。スクリーンショットが複数公開
ソニー、次世代PSに関する資料を公開。次世代機はパッケージ+DL+ストリーミングでソフトを提供?PSNow 今後の計画についても
ソニー、PlayStationは「イマーシブ(没入感)」と「シームレス(いつでもどこでも)」をテーマに進化する。リモートプレイをXperia以外のAndroidにも対応、PS5の公式ロード動画が公開など
ソニーとマイクロソフトがクラウドゲームで提携を発表。PSNowにMicrosoft Azureを提供、Googleに対抗へ
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』開発者インタビュー「PV最後の緑みつは一度だけ力尽きたハンターを復活させる」「全武器種で抜刀スリンガーが可能、片手剣は一歩進んだ新要素がある」「防寒具は重ね着」
元テイルズP・馬場英雄氏が代表を務めていたスクエニ子会社『スタジオイストリア』の公式サイトやツイッターアカウントが消滅。新作『Project Prelude Rune』も中止か
カプコン社員さん「アイスボーンの追加モンスター、武具、ストーリーの内容は本編に匹敵するボリュームです」

0 Comments

Add your comment