PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS4『ゴッドオブウォー』発売月のみでダウンロード版210万本を売上、1億3100万ドル(約146億円)もの莫大なデジタル収入をソニーにもたらしていた



242541656423-1024x534.jpg

PS4『ゴッドオブウォー』はソニーにとってデジタル面で大成功を収めていることが判明した。

ソニーは傘下であるサンタモニカスタジオが開発したPS4向け『ゴッドオブウォー』がわずか3日間で300万本以上を販売したと発表していたが、その後当月で500万本ものセールスに達していた。

マーケットアナリストのSuperDataによるとそのうちの210万本がダウンロード版の販売になると指摘。同社はゴッドオブウォーが発売月だけで1億3100万ドル(日本円に換算すると約146億円)ものデジタル収入をソニーにもたらしたことを明らかにした。

これは大きなセールスを記録した『アンチャーテッド4』の5600万ドルを超えています。

ソニーは先日発表された業績報告ではゲームの総売上高に特に言及をしていなかったが、「ゴッドオブウォーは期待を大きく上回る結果になった。」と述べています。

モンスターハンターワールドもデジタルシフトが進んでおり、約半分の売上がデジタル版であったとカプコンは発表していました。国内でも今週パッケージだけで200万本を突破。デジタル版を含めると余裕で250万本以上を販売している事になります。

2018年後半もスパイダーマンといった独占の大作タイトルに始まり、レッド・デッド・リデンプション2、来年以降もキングダムハーツ3やデビルメイクライ5などマルチタイトルも充実。枯渇することのないソフトウェア郡、PS4はまだまだ躍進していくことが予想されます。2020年までには1億台突破も夢じゃなさそうですね。

キングダム ハーツIII - PS4
スクウェア・エニックス (2019-01-25)
売り上げランキング: 48

 ゴッドオブウォー,PS4,

Share


Recommend


New Entry

PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明

0 Comments

Add your comment