PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS5のコードネームは5番目の神を示す『Erebus』か、UE4エンジン最新バージョンの開発コードに謎のプラットフォームが発見される



PS5-playstation-5.jpg

新しく『Erebus(エレボス)』という名を持つ謎のプラットフォームがUnreal Engine 4 最新バージョンの開発コードに記載されていることが発見された。これはソニーの次世代コンソール機である「PlayStation 5」のコードネームではと噂されている。

プラットフォームには「TST2」という略語があり、下記のスクリーンショットから確認できます。

erebus-ps5-1-1.png



Erebosは、下記のスクリーンショットを見るとPS4やXboxOneと一緒に使用されている。

erebus-ps5-1-2.png



この開発コードのページはゲームがクロスプレイをサポートしているかどうかをチェックするエンジンが表示されているので、このErebosが現世代のコンソールとクロスプレイできる可能性があるということになる。

また、上記の画像には「bPS4SeenOtherConsole」という記載がありますが、これによってErebosが実際のコンソールゲーム機であることを示唆しています。

Erebos という名はギリシャ神話における最初に生まれた5番目の神の名を示しています。ソニーのコンソールにはこれまでもギリシャ語のコードネームで開発されていた経緯があり、PS4はOrbis、PSVRはMorpheusと呼ばれていました。したがって、このErebosはPlayStation 5の開発コードネームではないかと噂になっています。

別の噂になりますが、発売時期は2020年になるとされています。


 rumor,PS5,Erebus,

Share


Recommend


New Entry

ダーク戦国アクション、PS4『仁王2』の最新ゲームプレイ映像公開。守護霊と憑依する新システムも?クローズドアルファテストが5月24日より実施決定!
『アズールレーン クロスウェーブ』愛宕、高雄、エンタープライズ、サラトガ、コロンビアの情報が解禁。スクリーンショットが複数公開
ソニー、次世代PSに関する資料を公開。次世代機はパッケージ+DL+ストリーミングでソフトを提供?PSNow 今後の計画についても
ソニー、PlayStationは「イマーシブ(没入感)」と「シームレス(いつでもどこでも)」をテーマに進化する。リモートプレイをXperia以外のAndroidにも対応、PS5の公式ロード動画が公開など
ソニーとマイクロソフトがクラウドゲームで提携を発表。PSNowにMicrosoft Azureを提供、Googleに対抗へ
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』開発者インタビュー「PV最後の緑みつは一度だけ力尽きたハンターを復活させる」「全武器種で抜刀スリンガーが可能、片手剣は一歩進んだ新要素がある」「防寒具は重ね着」
元テイルズP・馬場英雄氏が代表を務めていたスクエニ子会社『スタジオイストリア』の公式サイトやツイッターアカウントが消滅。新作『Project Prelude Rune』も中止か
カプコン社員さん「アイスボーンの追加モンスター、武具、ストーリーの内容は本編に匹敵するボリュームです」
PS4『ファイナルファンタジーVII REMAKE』新ゲームプレイ映像が公開!戦闘シーンのほかエアリスも登場!
『モンスターハンターワールド:アイスボーン』発売日は9月6日!新モンスター、新アクション発表、新フィールドは史上最大の広さ!予約受付も開始

2 Comments

名無しさん  

これは興味深い

2018/08/30 (Thu) 21:18 |   

   

VITAってラテン語で命
エレボスは死後の世界を神格化させたもの

命(VITA)が終わって次に向かうのは死後の世界(エレボス)
VITA後継機かもよ

2018/08/30 (Thu) 22:32 |   

Add your comment