PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

GTAVやRDRを手がけたロックスターの開発者がマイクロソフトの新スタジオ「The Initiative」に移籍

2018
17

GTAV.jpg

マイクロソフトは昨年のE3 ステージで新たなファーストスタジオ立ち上げと、数々のスタジオを買収したと発表しました(もはやお家芸)。その新しく立ち上げられたファーストスタジオ「The Initiative」にはGTAVやRDRを制作したRockstar Gamesのベテランテクニカルディレクター Tom Shepherd 氏が同スタジオに参加したと伝えられています。


WindowsCentralによると

  • Tom Shepherd氏のLinkedInプロファイルが昨日更新され、現在はThe Initiativeに勤務していると書かれている

  • Shepherd氏はRockstar Gamesで数年間働いており、RedDeadRedemptionやMax Pain 3、Grand Theft Auto Vなどを手がけてきた。

  • Shepherd氏が現在Initiativeでどのような地位についているのかは不明。ただスタジオはテクニカルディレクターを募集していたためその地位にいる可能性が高い。

  • Initiativeは現在Projectを何も発表していない。立ち上げたばかりなので今後数年間何も無いかもしれないがマイクロソフトは今後の戦略の柱として数えている。ただし時期を考えてもXboxOne向けには何も持ってこないかもしれない。


小島監督を参考にすると新スタジオ開設と新ゲーム開発にすでに3年が経過したがゲームは発売されていない。それだけ時間がかかるものということですね。


 MS,ロックスター,

Share


Recommend


New Entry

『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』発売日が7月25日に決定。ギャラリーモードや限定版情報、新規追加キャラとして「満艦飾マコ」「アルティメットダブルネイキッドDTR」参戦が発表!新PVが公開
【速報】Googleのゲーム機『STADIA』が正式発表!クラウドゲーミングに参入、リリースは2019年を予定も日本は未定
ソニー、PlayStation VRの無線通信帯域に関する技術を特許出願。次世代モデルは左右・前面に4つのカメラを搭載か
PS4ソフト数量限定特価セール「ANTHEM」「バイオハザード RE2」「RDR2」「戦ヴァル4」「BFV」「ニーアオートマタ」50%以上オフ!
『DEAD OR ALIVE 6』基本無料版が配信開始。かすみ、ヒトミ、ディエゴ、バースの4キャラが最初から使用可
『デビルメイクライ5』やり込み要素「ブラッディパレス」を追加する無料アップデートが4月1日に配信決定。オンラインマルチ対応の噂も
アトラスとヴァニラウェアの完全新作『十三機兵防衛圏』2019年秋発売決定!マフィア梶田氏による「体験インタビュー映像」も公開
MS、PC画面をXboxOne上に無線表示しコントローラーでPC操作できる『Wireless Display』を配信。SteamなどのPCゲーもそのままコントローラーで操作可能
ソニーが業界最大手テイクツー・インタラクティブ買収の噂が報じられる。ロックスター・ゲームスや2K Gamesのタイトルは将来的に独占の可能性
セガゲームス、ピエール龍容疑者逮捕の影響で『JUDGE EYES: 死神の遺言』のパケ版・DL版の販売自粛を発表。DL版はセール中なので今なら間に合う

1 Comments

名無しさん  

msがスタジオ抱えてもsieのような日本人にも受けるゲームが出てくるとはどうしても思えない

2018/10/17 (Wed) 20:11 |   

Add your comment