PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

ソニーが業界最大手テイクツー・インタラクティブ買収の噂が報じられる。ロックスター・ゲームスや2K Gamesのタイトルは将来的に独占の可能性



ある投資会社の新しいレポートによると、ソニーはゲーム業界の中でも最大手の企業テイクツーインタラクティブの買収に興味を示しているという話が投資家の間で噂になっているという。テイクツーインタラクティブはロックスターゲームスの親会社であり、ゲーム業界で最も収益性の高いIP「グランドセフトオート」を開発している事でも有名だ。

「ボーダーランズ」シリーズや海外では爆発的に売れているNBA 2Kと言ったタイトルを保有する2K Gamesも親会社はテイクツーインタラクティブである。

ソニーはテイクツーインタラクティブの買収に取締役会レベルでの協議を進めているという。だが、この話に一喜一憂するのはまだ早計かもしれない。過去にも巨大な買収の噂は、MicrosoftがEAを買収する話やAppleが任天堂を買収する話があったがいずれも実現には至らなかった。

また、DualShockersのLogan Moore氏は持論としてこの噂が実現したとしても相互に利益をもたらす結果になるとは思えないとしている。

「なぜならテイクツーはRDR2で4ヶ月の間に2300万本以上を全世界に出荷して大成功を収めている。買収するとなるとソニーはかなりの巨額を支払うことになるだろうし、既に大成功している彼らにソニーは何を与えられるのか、私はわからない」

テイクツーの主な所有タイトル
  • Civilization
  • BioShock
  • The Darkness
  • Borderlands
  • Battleborn
  • Red Dead Redemption
  • Grand Theft Auto
など

もしこの噂が本当に実現したなら、将来的にGTAやボーダーランズはソニーの独占タイトルになる可能性があるが・・・話がデカすぎて無さそうな気もする。



 PS4,ソニー,テイクツーインタラクティブ,

Share


Recommend


New Entry

PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明

2 Comments

名無しさん  

えー、でもGTAVを成功させてRDR2の企画を軌道に乗せた
前代表は追放されるように辞めさせられたんだよね…
主要スタッフも合流して開発しているEverywhereこそ注目すべきじゃ

2019/03/14 (Thu) 10:59 |   

名無しさん  

これからネットに溶けてグーグルやアマゾンも参加してきそうだし、サービスとしては強い独占コンテンツが一番重要だしね
まあないとは思うけど、面白い話ではある

2019/03/14 (Thu) 11:45 |   

Add your comment