PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

【速報】Googleのゲーム機『STADIA』が正式発表!クラウドゲーミングに参入、リリースは2019年を予定も日本は未定



Googleは本日より始まったGDC2019にて、新型ゲームプラットフォーム『STADIA』を発表しました。Googleが提供するのはクラウドゲーミングサービスで、ゲームハードは存在しておらず、PCやTV、スマートフォン、タブレット、クロームキャストなど様々なデバイスに対応しています。

ダウンロードは必要なく即座にそれらの端末でプレイすることができます。YouTubeで配信やトレーラーを見たあと、そのままゲームにアクセスすることが可能。といったのが特徴的です。


Google「STADIA」概要まとめ
  • PC、テレビ、タブレット、スマートフォンを問わずプレイ可能
  • コンソールはなく、データセンターがプラットフォームとなる
  • Googleの19リージョン、58ゾーン、200以上の国・地域に設置したデータセンター上でゲームが動作
  • インターネット上を通じてデバイスとやり取りされるため、ハード性能にはとらわれない
  • YouTube上で視聴して購入ボタンを押すと、5秒でゲームが起動しプレイできる
  • YouTubeでストリーム中の対戦マルチプレイヤーゲームへボタンひとつで参加する「Crowd Play」
  • ダウンロードやインストール、パッチのアップデートなどは不要
  • プレイ中のゲームを数秒で別のハードへと中断なしで移行できる(スマホ→TVなど)
  • Youtubeへ動画のアップロードも可能
  • ユーザーは既に所持している既存のコントローラーでもプレイできる
  • キャプチャボタンなども搭載した専用の「STADIA Controller」も出る
  • 4K/60fps/HDR/サラウンド音声対応。8K120fpsでの動作も将来的に対応
  • GPU Teraflopsは10.7。PS4 Proの4.2、Xbox One Xの6.0よりも高性能
  • 既存のLinux、Valkan、Unreal Engine、Unity、havokといったエンジンや技術にも対応
  • 独占タイトルもリリース予定。ローンチは100以上のタイトルに対応する
  • 回線速度やラグなどの問題はGoogleのデータセンターと最新技術が担保する
  • ゲームデータがデータセンター上で管理されるがゆえチートやハックに悩まされる心配もない
  • 「STADIA」は2019年に展開予定。ローンチ時に対象となるのはアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパの4地域

ただしDFによるハンズオンレポートによれば「Stadiaは4KHDRに対応しているが、25mbpsモードで1080p/60fps、こちらが主流になるだろう。15mbpsモードでは720p/60fpsに落ちる。また、リビングの大きなテレビで素早い動作を行ったときは明らかなアーティファクトが発生しています。」とのことです。

入力遅延に関するレイテンシーテストでは

2019y03m20d_052827308.jpg

とXbox One X同等レベルをクリア



発表内容 ※速報版

2019y03m20d_022247563.jpg
2019y03m20d_022352060.jpg

こちらが「STADIA」のコントローラー。ボタン配置はPSデザインを踏襲、カラーは3色展開されるようです。キャプチャボタンなども搭載




2019y03m20d_022835756.jpg

データセンターのGPUスペックは10.7テラフロップス。PS4 ProやXboxOneXよりも高性能をアピール。これまでプラットフォームの性能に左右されていたが、STADIAはデータセンター自体がプラットフォーム(ゲーム機本体)となるため、将来的なアップグレードも可能。つまりユーザー側は買い替えが必要なく用意するものはコントローラーのみ




2019y03m20d_022827718.jpg
2019y03m20d_022627372.jpg

地球上7500箇所に設置されたエッジノードによってハイパフォーマンスコンピューティング。4K HDR 60fpsでサラウンド対応、将来的には8K/120fpsに対応予定

クロスプラットフォームプレイにも対応、プレイ中はGoogle側と常に通信を行うためチート行為やハッキングツールの仕様は不可能




2019y03m20d_030027222.jpg

サービス開始は2019年を予定。ローンチ時点ではアメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパ地域にて対応。日本は含まれていません



SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE - PS4
フロム・ソフトウェア (2019-03-22)
売り上げランキング: 1

 Google,

Share


Recommend


New Entry

PS4が1万円の値下げを発表。通常PS4が19980円、PS4Proは29980円!12月19日~1月5日までの期間限定
カプコン、リメイク版『バイオハザード RE:3』を正式発表!2020年4月3日発売決定!「プロジェクト レジスタンス」がマルチモードとして収録!
『ソードアート・オンライン アリシゼーション リコリス』国内発売日が2020年5月21日と正式発表。本日19時からは生放送も
FPS KontrolFreek シリーズがAmazonサイバーマンデーセールでお買い得!
アーマード・コア新作が近日発表される?フロムソフトウェア マーケティング担当が未見の画像を公開
Rumor: PS4で大ヒットを記録した『Marvel's Spider-Man』の続編は2021年にPS5向けとして発売される
Key麻枝 准氏の13年ぶり完全新作ゲーム『Heaven Burns Red』が制作発表。iOS/Android向けのRPG、ゲームブランド「Key」が生き残るための希望となる作品
PS Plus 12月のフリープレイは『タイタンフォール2』『Monster Energy Supercross』の2本!
PS5に搭載されるSSDはサムスン製の専用最適化された「Optimized NVMe SSD」であることが判明。サムスンが発表
SCUF、PS4用のプロコン「4PS Pro」や「IMPACT」でVantage2で採用したハイパフォーマンスグリップのカスタムが可能に!

0 Comments

Add your comment