PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

『Google Stadia』発表前に情報がリーク。11月にサービス開始、ローンチには31タイトル用意、月額は9ドルでStadiaコントローラーが必須



記事掲載時月額を12ドルと表記していましたが9ドルの間違いでした。訂正してお詫びいたします。

日本時間6月7日の1時に発表会のストリーム配信が行われるGoogleのクラウドゲームサービス『Stadia』に関する情報がリークされています。

リーク情報
  • ゲームソフトは有料購入がメインとなる。無料タイトルもある
  • ローンチタイトルは
  • ├アサシンクリードオデッセイ
    ├ディビジョン2
    ├Doom 2016
    ├トゥームレイダーシリーズ3作品
    ├デスティニー2
    └など計31タイトル
  • ゲームラインナップはすぐに増える
  • 最低10Mbpsのダウンストリームと1Mbpsのアップストリームが必要
  • 5.1chサラウンド/4Kの場合は35Mbpsが必要
  • サービス開始時期は2019年11月に14カ国で提供。そのうちの1カ国は英国
  • Stadia コントローラー、Chromecast Ultra、Destiny 2、3ヶ月利用権がセットになった『Founder’s Edition』が発売される
  • 『Founder’s Edition』は169カナダドル/126米ドル/97ポンド
  • 『Stadia Pro』と呼ばれるサブスクリプションはサービス料が9ドル/月で4K/60fpsのストリーミングゲームが楽しめる
  • 『Stadia Base』と呼ばれる無料サブスクリプションも2020年に開始。1080p制限がかかるがサービス料は無料
  • Stadiaを起動させるにはChromecastとStadiaコントローラーが必須になる。
  • 2020年以降は対応デバイスが拡張され、ブラウザや他デバイスにも提供する


このリーク情報が本当ならば、PSNowとはずいぶんとサービス形態が違いますね。Stadia遊ぶにはChromecast+Stadiaコントローラーの126ドルとゲームソフト代がかかるのね。Founder’s Editionには3ヶ月利用権も付いてるから初回の3ヶ月は無料か。

ゲームソフト代はいくらかかるんだろうな。そこも気になる



発表会は6/7日1時から配信開始です。


 Stadia,クラウドゲーム,

Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

0 Comments

Add your comment