PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

ソニーが開発中の『PSVR2』ワイヤレス化、60GHzの無線伝送方式採用、アイトラッキング、価格は250ドルになるなど噂



※コメントでの指摘ありがとうございます。誤字修正しました
60Hz→60GHz

ソニーの7月11日付で取得した特許や様々なリーク情報から『PSVR2』のスペックが判明している。これが実際に採用されるかは不明だが待望のワイヤレス化は期待されるところ

噂をもとにしたスペック情報
  • ディスプレイ解像度は2560×1440、リフレッシュレート120Hz、視野角220度
  • バッテリー駆動時間は5時間前後
  • 価格は250ドルと安価に設定
  • アイトラッキング機能対応
  • 加速度センサー、ジャイロセンサーによって頭の角度や動かし方を測定
  • Foveated Rendering搭載。これはユーザーが見ている中心部分の解像度を高くし、その他の周りの部分の解像度を低く描画する技術。これにより高解像度でも一貫したフレームレートの維持が可能になり、快適なユーザー体験を実現できる
  • ワイヤレス化モジュールユニットはヘッドセットの前後に配置されLLWを採用する(TOP画像参照)
  • LLWとは「Low Latency Wireless」の略称で無線伝送技術のこと
  • PSVR2は60GHzの無線伝送方式を採用するものと思われる


ソニーはPS5との同時発売は無いという発表も行っているため、PSVR2の登場はまだ数年先であることは確定している。現在は仕様の策定、技術開発の途中であると思われる。


Share


Recommend


New Entry

PS Plus 4月のフリープレイはリーク通り『アンチャーテッド4』と『Dirt Rally 2.0』と正式発表。豪華すぎる
噂:4月のPS Plus フリープレイは『アンチャーテッド4』と『Dirt Rally 2.0』公式映像から流出
PS4『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』発売日が2020年7月30日に決定。PV公開&予約受付が開始
開発者「サーニー氏は凄い、PS5は怪物級。これまで使用したことのない最高で革新的なハード。Xboxはスペック表の差ほど強力ではない」
ソニー、PS5の後方互換性について補足を追記「100本のソフトをテスト済みPS5発売時にはほぼすべてのPS4ソフトが動く」「フレームレートや解像度も向上」
【PS5/Xbox Series X】USB外付けストレージに保存できるのは互換ゲームのみ。次世代ゲームはインストール不可
ゼンハイザーのワイヤレスゲーミングヘッドセット『GSP370』国内Amazonで予約受付開始。フル充電で100時間駆動!
『BIOHAZARD RE:3』体験版 Raccoon City DemoがPS Storeで配信開始。ゲーム序盤のプレイが楽しめる
ソニーの次世代ゲーム機『PS5』の詳細な技術仕様がついに正式発表。業界最速5.5GB/sの超高速オリジナルSSD搭載!PS4互換搭載
【速報】『モンスターハンターワールド』がPSPlus フリープレイに登場!PSPlus会員なら無料で遊べるぞ!!

1 Comments

名無しさん  

60GHzの間違いでしょ

2019/07/19 (Fri) 00:49 |   

Add your comment