PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS4公式ライセンスの高機能プロコン『ASTRO C40 TRコントローラー』国内発売日が11月28日に決定!スティックと方向キーの配置変更、背面ボタン搭載のPS4プロコン決定版



抜群のカスタマイズ性を持つPS4用プロコントローラーの決定版『ASTRO C40 TRコントローラー』の国内発売日が2019年11月28日に決定しました。ワイヤレス/有線両対応、スティックとDパッドの配置変更機能、背面パッド搭載、トリガー調節などなど高性能モデル。先行発売されている海外でもかなり評判良く、管理人も国内発売を楽しみにしていました。

国内販売価格は29,920円(税込)です

以下リリース


抜群のカスタマイズ性を持つ PlayStation®4ライセンス品 プロ仕様ゲームコントローラー 「ASTRO C40 TRコントローラー」発売
ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクール(本社:東京都港区、代表取締役社長:笠原 健司)は、ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」より、PlayStation®4 ライセンスコントローラー「ASTRO C40 TRコントローラー」(以下、「C40」)を2019年11月28日(木)に発売いたします。参考価格は、29,920円(税込)です。

「C40」は、ワイヤレスと有線で接続でき、PS4®/PC両対応のカスタムコントローラーです。製品名にある「TR」は、トーナメントレディー=Tournament Readyで、デザインはもちろん、プロの大会で使われることを想定した利便性と機能性を重視しています。

さらに「C40」は高いカスタマイズ性を備え、ボタンの割り当てだけでなく、アナログスティックとDパッドの配置のカスタマイズや、アナログスティックの長さも選択でき、さまざまなプレイスタイルに対応します。また本体背面にある2個のリアボタンが、ゲームプレイの拡張性を広げます。PCで利用可能なソフトウェアを使えば、アナログスティックやトリガーボタンの感度設定、イコライザー設定といった詳細設定も可能です。専用のキャリングケースも付属しており、本体やケーブルなどをコンパクトに持ち運べます。

c40.png


<製品特長>
アナログスティックとDパッドの配置変更
付属のツールを使ってカバーを取り外せば、アナログスティックとDパッドを付け外して、自由に入れ替えられます。ドライビングやエイムといった繊細な操作のために、長めでトップに凹みのあるアナログスティックを選んだり、左上にあるDパットを下に付け替えたりするなど、自分なりの操作性を思う存分追求できます。

本体背面にある「リアボタン」
本体背面にある2個のリアボタンは、背面中央にある「プログラムボタン」、あるいはASTRO C40 TR構成ソフトウェア*を使って、好きなボタンや機能を割り当てることができます。ゲーム内のアイテムチェンジや視点切り替えを素早く行いたい時に便利です。
* Webサイトからダウンロードが必要です(https://www.astrogaming.com/en-us/support/software.html)

専用ソフトウェア「ASTRO C40 TR構成ソフトウェア」によるカスタマイズ
ASTRO C40 TR構成ソフトウェア*では、ボタンの割り当ての設定に加え、アナログスティックの感度や本体上部のトリガーが反応する深さを、実際に操作しながら調整できます。また、オーディオ設定では、イコライザーに加え、ヘッドセットのマイクが拾った自分の声を返すサイドトーンの調整ができます。足音など微かな音を聞こえやすくしたり、ボイスチャットや実況に適した音質にすることも可能です。
* Webサイトからダウンロードが必要です(https://www.astrogaming.com/en-us/support/software.html)

トーナメント仕様のワイヤレス接続
PS4®本体に2.4Ghz ワイヤレストランスミッターを挿していれば、いつでもワイヤレス接続に切り替えられます。一度のフル充電で12時間の連続使用ができるので、長時間集中してプレイできます。


【製品に関するコメント】
ASTRO Gamingブランドアンバサダー/「コール オブ デューティ(CoD)」公式キャスター k4sen氏

今、日本のCoD競技シーンにおいてカスタムコントローラーの需要が高まっています。国際大会のプレーヤー達はカスタムコントローラーの使用が当たり前の中で日本は純正のコントローラープレーヤーが99%を占めており、歴史がまだ浅い日本シーンのプレーヤーたちはゲーム前からハンディキャップを背負う苦境に置かれています。

この「ASTRO C40 TRコントローラー」は”土俵”を世界基準に挙げる革命的コントローラーであり、トーナメントレディーの名に恥じない最大限のカスタマイズ性と操作性を兼ね備えた究極の一品です。スティックレイアウトの転換は以前競技プラットフォームに選ばれていたXbox、そして現在のプラットフォームであり日本で根強いプレーヤー層をもつPS4®の両レイアウトに対応しているため、ほぼすべてのプレーヤーたちにとって最適な選択になります。トリガーストップや大会への持ち込みを前提に考慮されたケースなど、ここでは語り切れないほどのポテンシャルを内包しています。

Share


Recommend


New Entry

ASTRO、PS5とMixAmp Pro TR/A50を接続するための「HDMI Audio Adapter for PlayStation 5」を4,950円で国内発売。詳細な仕様も判明
PS5のM.2 SSD 拡張用スロットは2ヶ所の排気孔から負圧で冷却。ヒートシンク付きSSDを利用する場合は高さ8mm以内のもので
新しいウェブ版「PlayStation Store」は10月27日にオープンと正式発表!28日にはモバイル向けも
『Marvel's Spider-Man: Miles Morales』建物移動時もロードは皆無?GI誌の独占映像が複数公開。スパイダーキャットも登場
『デビルメイクライ5 スペシャルエディション』ロード時間比較、PS4版が22秒に対しPS5版はわずか4秒でロード完了
『Ghost of Tsushima』PS5でプレイすると互換ブーストで60fps化!ロード速度も更に爆速化しセーブ移行も可能
PS4のゲーム、セーブデータをPS5に移行する方法は外付けUSBストレージやクラウドから可能!
【速報】ソニー、PS5の互換性でプレイできないPS4のゲームリストを公開。4000本以上のタイトルのうち、わずか10タイトルと判明
ウェブ版のPS Storeが新しいUIとなって今月下旬、リニューアル予定と判明。PS3/PSVita/PSPなどのレガシーゲームはウェブ版からは削除され購入不可に
ソニー公式によるPS5分解動画が公開。液体金属採用、両側冷却など気になる部分を独自解説

0 Comments

Add your comment