PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS4の全世界累計台数が1億280万台を突破。初代PSやWiiを超えて歴代家庭用ゲーム機販売台数2位に浮上、1位はPS2



ソニーは7月~9月の期間中、PS4の販売台数が全世界で280万台だったことを、ソニーIR情報(pdf注意)にて明らかにしました。

3ヶ月前の発表時に1億台を達成していたため、累計販売台数は1億280万台となり、これまで歴代家庭用ゲーム機2位を記録していた初代プレイステーションの販売台数1億250万台を上回りました。

歴代1位記録を保持しているのは全世界累計販売台数1億5500万台というバケモノ級ヒットを巻き起こしたPS2。

ライバル者である任天堂が最も売り上げたのは、新しい直感操作コントローラーで爆発的にヒットしたWii(1億160万台)ですが、今期でPS4が上回ったことになります。

来年にPS5が控えているとはいえ、まだ現役真っ只中のPS4。2020年発売予定のソフトウェアではソニーからAAA級タイトル『ゴーストオブツシマ』、『ラストオブアス2』などが控えており、販売台数はまだまだ伸びるものと思われます。

ですが会計年度のPS4ハードウェア販売予測は1350万台予測と、前期予測よりも150万台削減しています。これはラストオブアスの発売日延期なども考慮されてかと思われます。

10月31日には『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』、11月8日には全世界待望の小島監督作品『デス・ストランディング』が控えているほか、2020年3月にはリメイク版となる『ファイナルファンタジー7 Remake』も予定されています。




ペルソナ5 ザ・ロイヤル - PS4
アトラス (2019-10-31)
売り上げランキング: 1

ファイナルファンタジーVII リメイク - PS4
スクウェア・エニックス (2020-03-03)
売り上げランキング: 69


Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

0 Comments

Add your comment