PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

コーエーテクモ「PS5は映画のように複数のシーンをロードなしで行き来することができる。そのため休憩タイミングを意図的に用意する必要がある」



コーエーテクモゲームス、ガスト副ブランド長の菊地 啓介氏へのインタビュー記事がGaming Boltに掲載されています。氏は現在、ガストブランドRPG『フェアリーテイル』の開発を行っていますが、PS5について質問され以下のように答えています。


SSDについて

「PS5のSSDはロード時間をなくすだけでなく、開発者がより精巧なシネマティクスの作成ができるようになります。複数のシーンをまるで映画のように不必要なロード時間を挟むことなく、シームレスに再現できる。描写の範囲は広がると思います。ただし、ゲームプレイ中のダウンタイムをユーザーに与える新しい方法を考える必要があると思います。ゲームプレイ中の休憩時間を意図的に用意するためゲームデザインを考慮することが必要になると思います。」

これはとくにリニアなゲームだとそうですね。ロード時間が無くなるということはゲームをやり続けてしまうこともあるわけで、キリの良さというのは開発者側が考えなければいけないのかもしれません。


また、プロセッサーについては

「描写できることが大幅に広がることを嬉しく思います。より自然であたかもその場にいるようにリアルに見える描写ができることを楽しみにしています。しかしグラフィックレベルが上がるとクロック速度も消費されるので私は開発が期待通りに進まないかもしれないことを覚悟しています。」


PS5のスペック表

uBONsk0.jpg

Share


Recommend


New Entry

ソニー正式回答、『Marvel's Spider-Man Remastered』は単体で入手することは不可能。『Miles: Ultimate Edition』でのみプレイ可能と判明
『アサシンクリード ヴァルハラ』PS5版もXSX版と同じく4K/60fpsで動作!さらに3Dオーディオに対応、超高速SSDにも最適化
『PlayStation Plus Collection』発表。PS5購入者向けフリプ一挙提供の新サービス!モンハンワールド、FFXV、ペルソナ5、バイオハザード7、BloodBorneなどが追加費用無し無料でDL可能
スクウェア・エニックス、PS5配信イベントで『FINAL FANTASY XVI』を発表か?GI誌シニア編集者が仄めかす
ソニー、次世代機「PlayStation 5」に関する映像配信イベントを日本時間9月17日午前5時より放送決定。発売日や価格情報ついに発表か
スクウェア・エニックス『電車でGO!! はしろう山手線』が電撃発表。「高輪ゲートウェイ」駅実装、PS4(PSVR対応)向けに12月3日発売、Switch版は発売日未定
『KENA: Bridge of Spirits』開発者インタビューが公開。PS5版は起動にわずか2秒、DUALSENSEに触れたらもう後戻りできない。無料アップグレードも
マイクロソフト、史上最も小さいXbox『Xbox Series S』を正式発表。価格は299ドル、NVMeSSD 512GB搭載、ドライブレス、VRRやVRSにも対応。公式トレーラーも流出
追記:「PS5型のケーキでした」とのこと・・・Twitchの有名ストリーマーがPS5実機を所持!?なんらかのハンズオンが行われた可能性。Twitch公式も反応
PS5版『Dead by Daylight(デットバイデイライト』が2020年内に発売決定。グラフィック向上、4K/60fps動作、PS4ユーザーは無料でアップグレード可能

0 Comments

Add your comment