PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

コーエーテクモ「PS5は映画のように複数のシーンをロードなしで行き来することができる。そのため休憩タイミングを意図的に用意する必要がある」



コーエーテクモゲームス、ガスト副ブランド長の菊地 啓介氏へのインタビュー記事がGaming Boltに掲載されています。氏は現在、ガストブランドRPG『フェアリーテイル』の開発を行っていますが、PS5について質問され以下のように答えています。


SSDについて

「PS5のSSDはロード時間をなくすだけでなく、開発者がより精巧なシネマティクスの作成ができるようになります。複数のシーンをまるで映画のように不必要なロード時間を挟むことなく、シームレスに再現できる。描写の範囲は広がると思います。ただし、ゲームプレイ中のダウンタイムをユーザーに与える新しい方法を考える必要があると思います。ゲームプレイ中の休憩時間を意図的に用意するためゲームデザインを考慮することが必要になると思います。」

これはとくにリニアなゲームだとそうですね。ロード時間が無くなるということはゲームをやり続けてしまうこともあるわけで、キリの良さというのは開発者側が考えなければいけないのかもしれません。


また、プロセッサーについては

「描写できることが大幅に広がることを嬉しく思います。より自然であたかもその場にいるようにリアルに見える描写ができることを楽しみにしています。しかしグラフィックレベルが上がるとクロック速度も消費されるので私は開発が期待通りに進まないかもしれないことを覚悟しています。」


PS5のスペック表

uBONsk0.jpg

Share


Recommend


New Entry

PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明

0 Comments

Add your comment