PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

MS、家庭用ゲーム機の世代間をぶっ壊す。Xbox Series X向けとして発売される自社タイトルは現行のXbox Oneでもプレイ可能!上位互換性を発表



MSはMCVとのインタビューで衝撃的な発表を行いました。

PS5もXbox Series Xも完全な下位互換性を搭載することは発表済みではありますが、Series X向けとして発売される2021年までのファーストパーティタイトルの全ては現行モデルであるXbox Oneでもプレイ可能であるという。Xbox Game Studioの開発責任者である Mat Booty氏はMCVとのインタビューで明らかにしました。

逆に言えば、2022年まではSeries X専用のタイトルは発売されない。MSの自社タイトルといえば、PCでもプレイできることが約束されていますが、まさか上位互換もやってくるとは驚きです。


消費者にとってはとてもいいニュース。次世代ゲームをプレイするのに新しいコンソールを買わなくていいからだ。ただし良いことばかりではない。

2021年までに発売されるソフトに限定されるものの、ファーストパーティの開発者たちはXbox Oneとの性能差が8倍もあると言われているXbox Series Xと両方で動くようにゲームを設計しなければならない。これは次世代ハードに焦点を当てて開発ができないということだ。必ず性能の低いハードに合わせて開発が行われることになり次世代特化で作れない。


また、ここである噂の1つも取り上げたい。それは次世代Xboxには性能の低いバージョンが発売されるという噂だ。中身は次世代、しかし低性能でより安価なモデルを出すという噂はこの発表でほぼ確定的となった。現行モデルのXboxOne Sよりは高性能でかつ安価となれば普及機としてXboxブランドをより広げることはできるだろう。

コンソールの世代間という壁を無くす。MSが行った今回の衝撃的な発表は、いろいろな意味で注目していきたい話題である。


Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

0 Comments

Add your comment