PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

【PS5/Xbox Series X】USB外付けストレージに保存できるのは互換ゲームのみ。次世代ゲームはインストール不可



ソニー、マイクロソフトともに次世代ゲーム機の詳細が発表されました。まだすべての詳細が判明したわけではありませんが、我々ゲーマーは次世代ゲーム機においてストレージ上限に気をつけなければいけません。



ストレージ容量問題
PS5はロードという概念を無くす思いで開発し5.5GB/sという驚異の転送速度を実現した超高速SSD 825GBを搭載。Xbox Series XもPCIe 4.0接続のNVMe SSD 1TB 転送速度は2.4GB/ sを内蔵します。PS5の専用ゲームではロード画面を見ることは無くなるでしょうし、Xboxとのマルチだとしてもこれまでよりもロードが速く快適に遊べることでしょう。

しかし問題もあります。高速SSDを前提として開発された次世代ゲームはUSBという転送速度の遅い規格で接続された外付けのストレージには保存できないと発表されています。これはPS5、Xbox Series Xどちらもです。

したがって多くのゲーマーたちははじめから搭載されている容量・・・PS5なら825GB、Xboxなら1TBの中でやりくりする必要がある。やらなくなったゲームをインストールしたままになって運用している人(おそらく多くの人がそうだと思いますが)は気をつけないと次世代機ではすぐに最大容量に達してしまうかもしれません。




拡張スロットはある
一応PS5には市販のNVMe M.2ドライブを搭載できる拡張スロットが存在します。Xbox Series Xは純正の専用カートリッジ式ストレージ 1TBが発表済み。これらを追加増設すれば内蔵容量を増やすことができるので、この方法であれば次世代ゲームをインストールするスペースを拡張可能です。

ただし高価であることは覚悟する必要がある。価格については未発表のため、予想にはなりますが1TBを追加するには2万円以上はかかるだろうと思っています。

Samsung 970 EVO Plus 1TB PCIe NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V7S1T0B/EC 国内正規保証品
日本サムスン (2019-02-01)
売り上げランキング: 4,470





運用方法
少ないストレージ容量をどうやりくりするか。それはもうやらなくなったゲームのインストールデータは削除しストレージの空き容量を増やす。というやり方しかないでしょうね


スペック比較表
large#ETaXNhWXsAAYlf3

Share


Recommend


New Entry

究極のフォトリアル、まるで映画のようなサバイバルホラーFPS『Abandoned』が発表。PS5独占で2021年発売
PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね

0 Comments

Add your comment