PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

噂: PS5はSSDの容量が異なるスターターパックとプレミアムパックの2種類が発売。プレミアムパックは1.65TBの超高速SSD大容量バージョンを搭載!



あくまで噂になりますが、PS5の価格と販売形態の情報がRedditの著名ユーザーによりリークされています。

投稿によるとソニーが提供する「PlayStation 5」はベーシックスターターパックとプレミアムパックの2種類が発売されるとのこと。この2つのパックの違いはSSDのストレージ容量が異なり、当然ながら価格もそのぶん違います。

スターターパックは
  • 825GBの超高速SSDを搭載
  • 価格は499ユーロ(540ドル)

プレミアムパックは
  • 1.65TBの超高速SSDを搭載
  • 価格は599ユーロ(650ドル)

となるそうです。

プレミアムパックはこの他にもユーザーにとって魅力的な付加価値が含まれている可能性もありますが、今回の情報によるとSSDの違いのみで具体的な説明はありません。価格についてはまぁ妥当なところだろうと思っていますが、Microsoftの次世代機「Xbox Series X」の動向により変動する可能性はありますね。

内蔵される超高速SSDも大容量バージョンが用意されるとは初耳の情報。ゲームサイズが膨らむ一方ですのでSSDのサイズはゲーマーにとっても非常に重要な要素。PS4と違い、PS5はSSDがウリであり、ロード時間やゲームデザインに影響してくるシステムとなっているので超高速な内蔵SSDは多いもののほうが断然良い。PS5は外付けにも対応していますが、内蔵ほど十分なパフォーマンスを得られるかは微妙なところ

Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

2 Comments

名無しさん  

540ドル → 税込み67800円
650ドル → 税込み79800円
辺りになるのかな?

2020/05/12 (Tue) 13:50 |   

名無しさん  

もし事実だったとしても確実にドルは499ドルだぞ、PS4は399ドル399ユーロでの発売

2020/05/12 (Tue) 18:20 |   

Add your comment