PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS5の次世代冷却システムにまだ秘密があった!熱伝導材料としてリキッドメタル(液体金属)を採用、ソニーの新たな特許から判明



ソニーの新たな特許から判明。PS5の冷却システムにリキッドメタル(液体金属)が採用されているかもしれません


特許によると

「半導体の冷却性能を向上させる技術」とされており、その冷却ソリューションにリキッドメタルが採用されていることが明らかになっています。

まず理解してほしいのは水冷PCのクーラントのようにリキッドメタルが採用されているわけではないということ。リキッドメタルは半導体チップとラジエーターの間の領域でヒートシンクのような働きをさせている。

つまり"グリス"の代わりとして豪華にも「リキッドメタル」を採用しているのだ。

従来のグリスでは硬化してしまって冷却性能が経年劣化してしまい、結果熱伝導がうまく機能せず、PS4の「ファンがうるさい」現象が起きていた。実際分解してグリスを塗り直すだけで静音化されることは多くのYouTuberやブロガー達が実証している。こうした事を回避するためソニーはリキッドメタルを採用したものと思える。

リキッドメタルが他の部品に漏れ出ないようにする枠組みは「Ultraviolet Cured Resin(紫外線硬化レジン)」を使用している。

この特許が判明したことにより、内部に液状化する金属を採用した電子機器の製造に懸念を示す声もあるが、この冷却ソリューションでは「物質の状態変化」が中心となっている。つまりこの特許で採用されているリキッドメタルは通常時は硬化しているが、デバイス自体の動作熱で"液化"するものになっている。

PS5のデザインからも大型のブロワーファンが搭載されていることは明らかなので、リキッドメタル製ヒートシンクはあくまでPS5の冷却ソリューションの一部にすぎず、熱をラジエーターへと逃がす重要な役割を担っている。そして放熱された熱はファンで外に吹き飛ばす。

ソニーは以前からPS5を静音化するために努力を重ねてきた。とコメントしていました。このリキッドメタルを使った放熱自体の向上や以前の特許で判明した半導体をぶち抜く構造はまさに次世代冷却システムと言えるだろう。

Share


Recommend


New Entry

ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期
『グランツーリスモ7』はPS5完全独占タイトルでPS4向けの発売は無し。発売時期は実質延期?2021年早期→2021年予定に変更
ソニー、PS5のWQHD 1440p対応に関して「技術的に全く問題ない」「テレビへの対応を最優先した」。アップデートで対応くるかも!
PS5リマスター版『Marvel’s Spider-Man: Remastered』が一転。PS4版からのセーブデータ引き継ぎが実装決定!アルティメット版買うしかないな
PS5版『Dead by Daylight (デットバイデイライト)』PS5本体と同日の11月12日に配信決定。4K/60fps対応、PS4ユーザーは無料アップグレード可能
ソニー、PS5発売時点では拡張SSDの増設は対応しないことを明らかに。対応SSDがまだ少ないしね
PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明
『Days Gone』PS5対応アップデートにより、ダイナミック4K/60fps動作に対応。セーブデータ移行にも対応、PSPlus会員なら無料配信も
『バイオハザード ヴィレッジ』PS5版の仕様が判明。4K/レイトレ、DUALSENSE機能、超高速ロード、3DテンペストオーディオなどPS5の機能を網羅
PS5版『フォートナイト』の仕様が発表。4K60fpsで動作、DUALSENSE対応、PS5のホーム画面から直接ロビーに入ることも!

2 Comments

名無しさん  

これは興味深い

2020/08/17 (Mon) 20:13 |   

名無しさん  

ターミネーターのやつか

2020/08/19 (Wed) 13:50 |   

Add your comment