PS4 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS5の次世代冷却システムにまだ秘密があった!熱伝導材料としてリキッドメタル(液体金属)を採用、ソニーの新たな特許から判明



ソニーの新たな特許から判明。PS5の冷却システムにリキッドメタル(液体金属)が採用されているかもしれません


特許によると

「半導体の冷却性能を向上させる技術」とされており、その冷却ソリューションにリキッドメタルが採用されていることが明らかになっています。

まず理解してほしいのは水冷PCのクーラントのようにリキッドメタルが採用されているわけではないということ。リキッドメタルは半導体チップとラジエーターの間の領域でヒートシンクのような働きをさせている。

つまり"グリス"の代わりとして豪華にも「リキッドメタル」を採用しているのだ。

従来のグリスでは硬化してしまって冷却性能が経年劣化してしまい、結果熱伝導がうまく機能せず、PS4の「ファンがうるさい」現象が起きていた。実際分解してグリスを塗り直すだけで静音化されることは多くのYouTuberやブロガー達が実証している。こうした事を回避するためソニーはリキッドメタルを採用したものと思える。

リキッドメタルが他の部品に漏れ出ないようにする枠組みは「Ultraviolet Cured Resin(紫外線硬化レジン)」を使用している。

この特許が判明したことにより、内部に液状化する金属を採用した電子機器の製造に懸念を示す声もあるが、この冷却ソリューションでは「物質の状態変化」が中心となっている。つまりこの特許で採用されているリキッドメタルは通常時は硬化しているが、デバイス自体の動作熱で"液化"するものになっている。

PS5のデザインからも大型のブロワーファンが搭載されていることは明らかなので、リキッドメタル製ヒートシンクはあくまでPS5の冷却ソリューションの一部にすぎず、熱をラジエーターへと逃がす重要な役割を担っている。そして放熱された熱はファンで外に吹き飛ばす。

ソニーは以前からPS5を静音化するために努力を重ねてきた。とコメントしていました。このリキッドメタルを使った放熱自体の向上や以前の特許で判明した半導体をぶち抜く構造はまさに次世代冷却システムと言えるだろう。

Share


Recommend


New Entry

PS5の新たな機能「クロスジェネレーションパーティチャット」が判明。PS4ユーザーともパーティチャットが可能に
『龍が如く』シリーズ最新作が9月27日の「セガなま」で発表か?番組MC椿彩奈さんが予告ツイート
ソニー正式回答、『Marvel's Spider-Man Remastered』は単体で入手することは不可能。『Miles: Ultimate Edition』でのみプレイ可能と判明
『アサシンクリード ヴァルハラ』PS5版もXSX版と同じく4K/60fpsで動作!さらに3Dオーディオに対応、超高速SSDにも最適化
『PlayStation Plus Collection』発表。PS5購入者向けフリプ一挙提供の新サービス!モンハンワールド、FFXV、ペルソナ5、バイオハザード7、BloodBorneなどが追加費用無し無料でDL可能
スクウェア・エニックス、PS5配信イベントで『FINAL FANTASY XVI』を発表か?GI誌シニア編集者が仄めかす
ソニー、次世代機「PlayStation 5」に関する映像配信イベントを日本時間9月17日午前5時より放送決定。発売日や価格情報ついに発表か
スクウェア・エニックス『電車でGO!! はしろう山手線』が電撃発表。「高輪ゲートウェイ」駅実装、PS4(PSVR対応)向けに12月3日発売、Switch版は発売日未定
『KENA: Bridge of Spirits』開発者インタビューが公開。PS5版は起動にわずか2秒、DUALSENSEに触れたらもう後戻りできない。無料アップグレードも
マイクロソフト、史上最も小さいXbox『Xbox Series S』を正式発表。価格は299ドル、NVMeSSD 512GB搭載、ドライブレス、VRRやVRSにも対応。公式トレーラーも流出

2 Comments

名無しさん  

これは興味深い

2020/08/17 (Mon) 20:13 |   

名無しさん  

ターミネーターのやつか

2020/08/19 (Wed) 13:50 |   

Add your comment