PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

『Ghost of Tsushima』PS5でプレイすると互換ブーストで60fps化!ロード速度も更に爆速化しセーブ移行も可能



国内でもパッケージ版の売上が40万本を超えた『Ghost of Tsushima』ですが、PS5アップグレード版は現時点で発表されていないものの、PS5の後方互換性ブースト機能によってフレームレートが60fpsとなり、ロード時間もさらに高速化すると公式がアナウンスしました。

『Ghost of Tsushima』はPS4/PS4Proでは30fpsで動作していましたが、PS5でプレイするとブーストモードの追加オプション項目が表示され、60fpsで遊ぶことができます。また、ロード時間もさらに向上し、セーブデータの移行も可能ですのでPS4でプレイしていた続きをそのままPS5で引き継き可能です。





10月17日には無料大型アップデートも実施。マルチプレイモードや二週目プレイも追加されます。



Share


Recommend


New Entry

【レビュー】スタンディングデスクにもなる、電動昇降デスク FLEXISPOT E7
CrucialもPS5対応のGen 4 M.2 SSD『Crucial P5 Plus SSD』を発表。シーケンシャル読み込み最大6600MB/s
ソニー、PS5のVRR対応アップデートは12月を予定
PS5対応を公式がアナウンスしているGen 4 M.2 SSDと動作確認されているオススメSSDまとめ
【1名様にプレゼント】PS5コントローラー『DUALSENSE』を改造。eXtreme Rate製背面ボタンキット「Rise Remap Kit」レビュー!
究極のフォトリアル、まるで映画のようなサバイバルホラーFPS『Abandoned』が発表。PS5独占で2021年発売
PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期

0 Comments

Add your comment