PS5 DOMINATOR

ガジェット・ゲーム好き管理人による国内、海外のニュースブログ。レビューもたまに

PS5は残念ながら、1440p出力解像度に対応していないと判明



PS5の購入に興味を示しているPCゲーマーや、デスクトップでコンソールをプレイしているユーザーにとっては悲しいお知らせだ。

発売まで1週間前となっているPS5は未だ多くの謎が隠されている。その一つでもあった出力解像度についてIGN Italiaがソニーに確認したと記事にしている。

記事によるとPS5は120Hz対応のPC向けディスプレイで多く使われている1440p解像度に対応していないとのこと。

つまり、PS5の性能を存分に引き出し楽しみたいと思っているユーザーは、最も高価なHDMI2.1対応の4K/120Hzのディスプレイ or テレビを用意するか、120Hz以上の出力に対応した1080pの安価なものを用意するか、悩ましい選択技を課せられる。

もちろん1440pのディスプレイでもできないことはないが、ドットバイドットでの出力はできずディスプレイ側で補正されてしまう。

現在はデスクトッププレイヤーとなっている管理人的には1440pがディスプレイサイズ的にもちょうど良かったのだが。40型以下で4K/120HzのHDMI2.1ディスプレイは出ないものだろうか・・・うーん悩ましい

Share


Recommend


New Entry

【レビュー】スタンディングデスクにもなる、電動昇降デスク FLEXISPOT E7
CrucialもPS5対応のGen 4 M.2 SSD『Crucial P5 Plus SSD』を発表。シーケンシャル読み込み最大6600MB/s
ソニー、PS5のVRR対応アップデートは12月を予定
PS5対応を公式がアナウンスしているGen 4 M.2 SSDと動作確認されているオススメSSDまとめ
【1名様にプレゼント】PS5コントローラー『DUALSENSE』を改造。eXtreme Rate製背面ボタンキット「Rise Remap Kit」レビュー!
究極のフォトリアル、まるで映画のようなサバイバルホラーFPS『Abandoned』が発表。PS5独占で2021年発売
PS5本体を黒に変えるブラックカスタムフェイスプレートが到着!PSマークはなくなるけど高品質で大満足
PS5版『FINAL FANTASY VII Remake』が発表間近?解像度やパフォーマンス向上に加え新ストーリーも追加、Xbox版は予定なしとリーク
PS5『コントロール アルティメットエディション』DUALSENSEコントローラーの機能にフル対応、レイトレ有効時で1440p動作
ソニー、CES2021にて今後のPS5ソフトを紹介。スクエニ『Project Athia』は2022年1月、『Ghostwire Tokyo』は2021年10月発売予定と判明。カプコン『Pragmata』は2023年に延期

0 Comments

Add your comment